FC2ブログ

2018-12

”子育てカウンセリング”はじめます - 2020.05.06 Wed

保育士おとーちゃんホームページ

(ホームページ周知のため、しばらくこの記事をトップにしておきます。最新記事は、この下からご覧下さい)


ブログ上での子育て相談を休止してずいぶんたちますが、やはり依然として「子育ての悩みを聴いてもらいたい」「解決のためのアドバイスを欲しい」といった声は多くあります。

講演のときなども、舞台を降りたあとで「相談したいことがある人は直接聴きますよ」と呼びかけたりすると、数十人もずらずらっと並んでしまうということも珍しくありません。
そういうときも、時間の都合でどうしても全員の方に対応することができない場合もあります。やはり多くの人が、子育てでなんらかの手助けを欲しているのだと強く感じます。


職員研修 社会福祉法人労道社 姫井保育園 - 2018.12.13 Thu

早いものでもう12月です。
今年は、保育研修に力を入れたので多くの園にお邪魔して研修をしてきました。
いくつか紹介しようと思います。

山口県は山陽小野田市にあります姫井保育園。
 リンク:姫井保育園ホームページ

保育者として「子供を信じる」ことができていますか?(保育士バンク!コラム) - 2018.12.12 Wed

保育者として「子供を信じる」ことができていますか?(保育士バンク!)

保育者として子供を信じる専門性について書きました。

外に出すこと vol.2 - 2018.12.11 Tue

前記事のコメントで、「タイムアウト」への言及をいただいたのだけど、必ずしもタイムアウトが、家の外に出すといったハラスメント的支配行為と同じではありません。

ただし!
その使い方、使う人によっては、ハラスメント的支配にはならずとも、疎外として使われてしまう場合はあります。

適切に使う分には、子供の自立、大人側の依存の助長を防ぐ、良い関わりとなります。

少しこの違いを見ていきましょうか。


外に出すこと - 2018.12.10 Mon

ときどき、こんな質問を受けます。
「お父さんが、子供が言うことを聴かないとベランダの外に出すので困っています」

子供に言うことを聴かせようと、外に閉め出すこと。
これは疎外を使った大変強い否定であり、他者を支配しようとする行為です。


ここで子供が受けること。

座談会を終えて - 2018.12.09 Sun

6日、まざるテラスでの座談会が無事終わりました。

悩みや相談、心配、子育てする自身のこと。いろいろなお話が出ました。

何人かの方は泣きながら話します。
泣けるというのは、とてもいいことです。
気づかないうちに心で抑圧を重ねているものがあり、それが出口を求めています。


オビ=ワンに見る主体尊重の関わり - 2018.12.03 Mon

オビ=ワンとは、映画スターウォーズの重要な役どころのひとつです。
(エピソード4~6では、アレック・ギネス、エピソード1~3ではユアン・マクレガー演じる)

スターウォーズというのはおもしろい物語です。
たくさんの雑多な物語のモチーフを本歌取りして、くどいくらいにぶち込んでいるのにそれをうまい具合にまとめ上げて、しかもすごいことにアメリカのアイデンティティに関連づけてまとめています。


12月15日(土) 子育て夜話のお知らせ - 2018.11.24 Sat

◆12月15日(土) 子育て夜話のお知らせ

何度か回を重ねてきました、子育て夜話という名のただ単に気さくに過ごす食事会です。
座談会よりもっとくだけた場です。子育ての質問とかある方はどうぞして下さってもかまいませんし、自由に過ごしていただければと思います。


保育者の姿勢 vol.5 支配の連鎖を断ち切る役目 - 2018.11.22 Thu

ケース紹介をしようと思っていましたが、ブログを書ける時間があまりとれないので一端保留にしておきます。
その代わりもう少し本質的な部分について述べてしまいます。自分としては、こういうのは伝えるのが難しいことだけに書けるときに書かないと、勢いを失ってまとめきれなくなってしまうので。


保育者の姿勢 vol.4 なにが支配なのか? - 2018.11.20 Tue

この一連の記事は、タイトル通り「姿勢」をテーマとしています。
姿勢の問題を浮かび上がらせるために、方法論や具体的なアプローチに触れています。

しかし、読む人によってはまったく別の問題に直面してしまう人がいます。
それは、保育における自己承認・承認欲求・自己同一化のテーマです。

保育の問題であまりこれについて取り上げる人は多くないですが、僕は現場の保育を考える上で、これらは避けて通れないことだと感じています。(すでに過去記事でも取り上げています)


12月6日(木) 座談会のお知らせ 中野区 まざるテラス - 2018.11.17 Sat

詳しくはこちら。

12月6日(木)相談したい悩み、何でもお持ちください「子供も大事。あなたも大事」保育士おとーちゃんに聞いてみよう! まざるテラス


◆12月の子育て夜話
また、第3回目となる子育て夜話も計画しています。
12月15日(土) 18時~
募集は近日中にしますが、とりあえず日程だけお伝えします。

保育者の姿勢 vol.3 「待つ」  - 2018.11.16 Fri

「信じる」専門性について書いた前号では排泄の自立を例に挙げましたが、排泄に限らずそれ以外の様々な成長においてでも同様です。


保育者の姿勢 vol.2 「信じる」 - 2018.11.14 Wed

少し間が空いてしまいました。
vol.1からの続きです。

まざるテラスシンポジウム「今、日本の保育で何が課題なの?」を終えて - 2018.11.08 Thu

子育て中のお父さんお母さん、保育士、幼稚園教諭、子育て支援者の方、企業の方、議員の方、いろんな方に参加していただきみなさんの熱心な参加で密度の濃いものになりました。
総勢40名ほど。定員はすぐに埋まりキャンセル待ちもあったとのことでした。

まざるテラスさんは、ご自宅を開放して子育てする人や地域の人が集える場にしているので、40名もそこに集まるといっぱいです。
しかし、人間のおもしろいところで、なぜか空間にぎゅっと人が集まって話をすると熱のこもったものになります。
これが例えば、体育館のような広い空間でしていたとしたら、そこで話された内容や受け取る側の印象もまた違ったものになるでしょう。
僕は、最近座談会を好んでするのだけど、この人の寄り集まった状態になにか大事なもの隠れていると感じています。

保育者の姿勢 vol.1 - 2018.11.02 Fri

保育理念とはちょっと違うけれども、僕が考える保育実践する上で保育者が持っておきたいスタンスを挙げてみます。

1,見守る

2,信じる

3,待つ


これら相互につながり合い重なり合っています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (115)
日本の子育て文化 (186)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (95)
心の育て方 (106)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (76)
その他 (62)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (108)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (35)
子育てに苦しむ人へ (21)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析