FC2ブログ

2018-04

過剰な承認欲求はどこから生まれる? ー保育と承認欲求ー - 2018.04.28 Sat

いろんなケースを見てきて僕が感じるのは、その人が自身の生育歴において、大人からの支配を慢性的に受けていたり、大人から他者と比べられる関わりをされ続けていたり、大人の期待に応えるように過剰に頑張りを要求されてきた人に、過剰な承認欲求の持ち主が顕著であるということです。


期待に応えさせられる関わりは、自分への自信のなさなどの萎縮傾向が作られそこから自分の評価を気にするがゆえの承認欲求の出し方も多くなるのに対して、

支配を受けてきたケースは、誰か他者を支配することで自己の承認欲求を満たすという、いわゆる「マウンティング」の形を取った承認欲求の出し方になる傾向があります。

この傾向が強くなると、単に他者を支配したときに快を感じるだけでなく、他者が自分の望む行動を取っていない状態に対して激しい不快を覚えます。


子育てしている人や、保育士、教員といった人がこの状態にあると、子供の自然な姿ではひんぱんにイライラや怒りを感じます。
そして、自身の満足のために子供を支配するようになります。


自身のそういった心のあり方に気づくことができれば、それを克服することは簡単ではないにしても、コントロールしつつつきあっていくことは不可能ではないでしょう。

しかし、その傾向を持っていること自体に気づいていない人が、それをどうにかすることは大変難しいことと思います。


承認欲求と子育て - 2018.04.27 Fri

「承認欲求」という言葉があります。

「自分を肯定的に認められたいという気持ち」という意味ですね。

これ自体は悪いものではありません。
誰しもが持っているものだし、逆にこれが全くなかったとしたら世捨て人のような人になってしまいかねません。

悪いものではないのだけど・・・・・・。


女性蔑視と子育て - 2018.04.24 Tue

いまセクハラの話題が世間を賑わせていますが、子育ての問題をいろんな角度から眺めていくと、その根っこの方に有形無形の女性蔑視があって、それがこれまでの子育ての難しさにダイレクトにつながっていることを僕は強く感じています。

世界的にもme tooの機運からセクハラに本気で取り組む時代になっていますが、この問題が前進することで結果的に子育てが多くの人にとって「いいもの」となる方向に行くことでしょう。

そして、このことはさらに男性にとっても生きやすい世の中になるであろうことも同時に感じます。

例えば、いま男性も就労の中で、ものすごい苦労を強いられていますよね。

『「話を聞きなさい」なんて指導は本当は間違っている』(千代田区立麹町中学校・工藤勇一校長) - 2018.04.18 Wed

さて、学校の問題点ばかりあげていてもよくないですから、真摯に取り組んでいるところも紹介したいと思います。

『「話を聞きなさい」なんて指導は本当は間違っている』(第一回目)

連載記事一覧


ニードルフェルト 『ねこあつめ』 - 2018.04.17 Tue

娘と一緒に本屋さんにいってレジにならんでいたら、あまりのかわいさに娘と選んで買ってしまいました。


そのとき買ったのは『まんぞくさん』。
ところが、これには専用の針がついておらず、そのままでは作れなかったのです。
だから結局、創刊号の『しろねこさん』も購入。


権威体質な学校のあり方への疑問 - 2018.04.15 Sun

中学校の入学式で、他にも気になったことはいくつもあります。
そのひとつが、端々から感じる権威体質です。
特にこの学校は、近年統廃合により生まれた新設校なので、より最近の教育施策の影響を強く受けてしまっているのかもしれません。

日本では、学校の運営は民主的になされることが決まっています。

人が集団を形作れば、多かれ少なかれある程度権威的な構造はおのずと生まれるものですが、民主的な運営を旨とする学校組織において、それに対して節度を持ち権威的になりすぎない姿勢は必要であると考えられます。


本当に「友達を作る」「他者と協調する」ためには - 2018.04.14 Sat

中学校の話からのからみで、このところずっと書いております。

人は注意や、指示や干渉で伝えたことで子供が成長するという「錯覚」を持っていますが、実のところこういった言葉は、補助的に効果を発することはあるにしても、実は子供の姿が形成されるにおいて、主ではありません。
では、子供が成長を獲得するときの基本的なことを振り返ってみましょう。


福井県での座談会 希望アンケート - 2018.04.13 Fri

(本日は2本記事を更新しています)

まだ未定ですが、いま福井県大野市または福井市においての座談会開催の企画が持ち上がっております。

僕も福井県での講演などはしたことがありませんので、どの程度の需要があるのか未知数です。
そこで、福井県で座談会もしくは講演会を開催したら行ってみたいという方がどれくらいいるのか、感触だけでもつかみたいと思います。

もし、都合があえば福井県での企画に行ってみたいと思われる方いらっしゃいましたら、下のコメント欄で教えて下さい。

お手数ですがどうぞよろしくご協力下さい。

「協調しましょう」がもたらす現実 - 2018.04.13 Fri

大人が子供に「協調しましょう」というアプローチをたくさんしていくと、子供はどのように育っていくでしょうか?

これをたくさんされていくと、もしくはこれが当たり前の空気になっている環境でたくさん過ごしていくと・・・・・・。

子供たちは、自分の気持ちや意見を言わない、言えない子になっていきます。

例えば、

「どっちがいい?」と聴けば、「どっちでもいい」

「なにがいい?」と聴けば、「なんでもいい」「みんなと同じでいい」「みんなに任せる」

このような行動をとっていきます。


「友達を作りましょう」の落とし穴 - 2018.04.12 Thu

前の記事にやはり同じような違和感を感じたというコメントをたくさんいただきました。

「友達を作りましょう」が、単にそれだけの意味であればいいですが、校長たちがこぞって言うのは「協調」を目指してのことです。

しかし、協調を押しつけることで人は他者と本当の意味で協調するようになるものではありません。
ここに気づけていないことが、学校にある種のゆがみをもたらしているのではないでしょうか。


連続保育研修のお知らせ - 2018.04.11 Wed

複数回の講義と、グループワークで保育の実践力を高めていく保育講座です。
これまでにも行っておりますが、時間や日程の関係で参加できなかった方もいらっしゃったようです。
今回は土曜日に設定して、全4回となっております。

事例研究会.2018
 ~須賀義一先生と保育を学ぶ2か月~

 

僕の持論として、保育の学びは実践に活かせなければ意味がないという想いがあります。
当たり前のことと思うかもしれませんが、保育の学びは「いい話」として上滑りしてしまって、結局のところ実践はなにもかわらないということが少なからずあります。

なぜそうなってしまうか、それにはあるひとつの視点が欠けているからです。これは伝える方にも学ぶ方にも。
そこを押さえた上で学ぶ必要があります。

ここで伝えるのは、子供を本当に伸ばす関わり方であり、そのために必要なスキルを身につけることは、実は子供のためのみならず保育における自己実現にも結びついています。
ここにこそ保育の本当のおもしろみがあるのではないかと思います。
それを伝えるべく全4回を行っていきます。

詳細、お申し込みはこちらから。

中学校入学式 - 2018.04.10 Tue

うん、もうなにから話したらいいかわからなくなるくらいいろいろでした。一部なりともここで書いておきたいと思います。


まず、はじめにお断りしておきます。
僕は、優れた教員や、生徒のことを強く考えている教員がいることも存じ上げています。
それは少しも否定しません。しかし、だからといってそれが批判をしてはいけないという根拠にはならないことはご理解いただけるでしょう。
これは昔から言われるところですが、学校という組織は外に対して閉じた体質があり、積極的にアンテナを高くしている人以外、自分たちの組織内の常識にいつのまにかからめとられてしまう傾向があります。これは、保育施設も同様です。

特に、組織の上部がそのような自分の周りの認識だけでいる場合はなおさらです。
しかし、往々にしてそのようになるものです。なぜなら、「自分は正しい」と思わずにはいられないのはこれは人の性(さが)として避けられないものだからです。
それに対して、客観的な検証や、内省、学術機関などの提言を受けて是正すべきものですが、それは全ての人ができるわけでもありません。

はっきり言ってしまえば、閉じた組織の自浄作用というのは往々にして低くなりがちです。
僕自身は、これを保育施設で嫌と言うほど実感しています。
組織に変わることを訴えるよりも、そのクライアント(この場合は保護者等)に理解をうながす方がはるかに、そういった組織を健全化させる近道かもしれません。

僕がこのブログで「保育の質」というカテゴリーを設けて、保育士に限らず多くの人に発信しているのはそれがためでもあります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、僕が入学式でどんなことを感じてきたかを述べたいと思います。
少々モヤモヤした気持ちを持ったまま書いているので、あまり読んで気分のよくなるような話ではありません。ご不快になる方はお読みにならないことをおすすめします。



保育士バンク!コラム『「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権』 - 2018.04.08 Sun

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権


保育園での名前の呼び方についてのコラムを書きました。

もし、仮に僕が保育園を作るとしたら、おそらくは「○○先生」とは呼ばない園にするだろうと思います。

子育て座談会のお知らせ  6月11日(月) 愛知県東海市しあわせ村 - 2018.04.06 Fri

座談会のお知らせです。
この前は愛知県豊川市でしたが、今度は愛知県東海市での開催です。
(別に愛知県に重点を置いているというわけではありませんよ、たまたまです。呼ばれれば日本中どこだっていきます。世界中でもかまいませんよ、一度ドイツに在住の方からお話があったこともあります)

ただ、愛知県からたくさんのお声がかかるのには、各種の工業地帯であり、都市化、核家族化、共働きといった現代の子育ての難しさが特に顕著という背景が関係しているのかもしれませんね。

あと僕が個人的に感じるのは、愛知県では祖父母世代と親世代のギャップがとても大きいというのがあるかもしれません。
祖父母世代の子育てに対する価値観は、昔ののどかなものや、しつけへの厳しさというような保守的なものだったりする一方で、親の世代はいかにも現代的な問題に直面している。すると祖父母から見たときのいまの親の子育てのあり方が受け入れられず、そこに親世代へのダメ出しが出る。そのダメ出しと現実の子育てのはざまで、いまの親が子育てへの悩みを深めてしまう、とこのような雰囲気を感じます。

これが例えば、東京のように祖父母世代もすでに現代的な問題に直面したまま子育てをおくってきていると、比較的このギャップが小さいようです。もちろん、これには個人差がありますが。


保護者の信頼と安心 - 2018.04.02 Mon

僕の妻も保育士ですが、この年度末で異動になりました。
昨年度は少々変則的な配置で、育休代替の要員として約半年しかその園には在籍しておりませんでした。

「泣き崩れる」という言葉がありますが、異動の発表があった日と最終日には文字通り何人かの保護者の方が泣き崩れました。涙するだけでなく、へたり込んでしまうという姿です。
単に悲しいとかそういうことでなく、子育てをしていく上での支え、安心感になっていたのでしょう。実は同様のことは、上半期にいた別の園でも異動に際してありました。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (115)
日本の子育て文化 (186)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (95)
心の育て方 (106)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (76)
その他 (62)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (108)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (35)
子育てに苦しむ人へ (21)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析