2018-07

保育士バンク!コラム『「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方』 - 2018.01.26 Fri

「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方(保育士バンク!コラム)

子育てにまつわるところでは、しばしばこの「自主性・主体性」という言葉を耳にします。

保育施設の理念や保育目標の中にその言葉が入っていたり、
どこどこ幼稚園、どこどこ保育園の高名な園長先生が、講演や著書の中でそれを声高におっしゃっていたりします。

それではさぞかし素敵な保育をしているのだろうと見学に行ってみると、実際にはまったく自主性・主体性を子供に保障しているどころか、職員の人、そしてその園長すら少しも理解していないといったことが、驚くことに少なくありません。


僕は保育の専門性とは、この自主性・主体性をいかに保育の中で展開できているかしだいと言っても過言ではないと考えています。
このコラムは短いものですが、その辺りのエッセンスを凝縮して詰め込んでまとめています。
ぜひ、お読み下さい。


関連記事

● COMMENT ●

待つこと信じること

「待つことの重要性、信じるにつながる」本当にそうだなぁと思います。
自主性、主体性をあおっている園や学校は多いいですが実際は管理、支配が多く心地よさから遠いいところにいるのではと思わされることが沢山ありました。
私は両親から支配、威圧、過干渉を受けいまだに生きづらさを抱えながら生きていますが息子を育てながら最近感じたことがあります。
来月高校受験を控えていていて塾以外勉強もせず遊んでばかりで高校も受かるかどうか。愕然とする日が続きました。でもこの時期にきてやっと自分で決断しました。半年前は高校の話をしてもなかなか向き合うことはできませんでしたが今は自分の能力はこれくらいだからと自分自身を受け入れ冷静に話ていました。
100%私の不安が取り払われたわけではないですが息子が自分で決断できたことが息子の力を信じるにかわりました。
信じて待つということはとても尊いことだと思います。手探りをしながら親子共々自立に向けてマイペースに歩んでいくしかないのだなぁとぼんやり思っています(^^)

子育てで学んだことは、2つあります。
1つ目は、「良い子」とは どんな子なのか?ということ。もう1つは、「自立」とは どうなることなのか?ということです。

僕が思う良い子は、自分に素直な子です。言い換えると、きちんと自己主張ができる子ですね。自己主張は、わがままという形で出たり、反抗という形で出たり、ケンカという形で出たりします。自己主張が激しいと人と衝突します。衝突を幼い時期から体当りで経験することが、人間関係を学ぶことになります。自己主張することで、相手に自分を知ってもらえることになり、相手を知ることになり、その先に信頼関係が生まれると思っています。

2つ目の自立は、、自分の言動に対して、責任が負えるかどうかだと思っています。過保護は、子どもの言動に対して、親が代わりに責任を負うことです。これでは、子どもは責任を負えないので、自立のチャンスは奪われます。
過干渉は、子どもの言動に干渉し過ぎて、悪いと思われる言動をさせないことです。これでは、子どもは何が悪いことなのか理解できず、自分の言動に萎縮するか、自分で背負いきれない悪いことをしてしまう(子どもには悪気はない)。
放任は、子どもの言動に興味がないので、子どもに責任を負わせることができない。

楽しくない集団登校

4月から、幼稚園年中の娘が、小学校の集団登校に混ぜてもらっています。
私は、1カ月ほどは娘に付き添って歩く予定でいます。

その班には、以前から毎日付き添って歩いているおばあちゃんがいます。
その方の好意であって、普通は児童の保護者は付き添わないそうです。

集団登校に参加して2週間ほど経ちましたが、子供達がほとんどお喋りもせずピシッと一列になって歩いており、感心しました。
下級生が、先頭の班長さんから遅れると、そのおばあちゃんが「遅れているよ、着いていってね」と励まします。
昨日は、遅れた下級生の腕を引っ張ってまでして班長さんのスピードに合わせようとしていました。
門まで着くと、おばあちゃんは「今、7時45分(やったね)!」と班長さんに伝えていました。

早く着くことより、班長さんが下級生を気遣って楽しく登校することが大事なはずなのに、朝から班の子供達は緊張した空気です。
そのおばあちゃんがいる限り、班長さんも育たないでしょうね。
その方のお陰で、安全に登校できるのはありがたいのですが、子供達の世界に干渉しすぎだと思い、本当にご苦労様ですね…とため息が出ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1132-90886e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子育てと怒り vol.1 «  | BLOG TOP |  » 普通の抱っこと赤ちゃん抱っこ

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (76)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (102)
日本の子育て文化 (182)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (93)
心の育て方 (105)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (63)
その他 (62)
未分類 (22)
講座・ワークショップ (89)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (32)
子育てに苦しむ人へ (19)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析