FC2ブログ

2018-12

子育てで一番大切に思うことは? - 2018.03.28 Wed

グループワークのなかで、よくこの「あなたにとって子育て(保育)で一番大切と思うことはなんですか?」というテーマや質問を出します。

これは別に正解があるわけではないので、自由に答えられるものです。
ある程度型どおりのものになるかと思いきや、これが意外とみなさんばらばらでおもしろいものです。

人と話し合うときの醍醐味といいますか、自分とは違ったいろいろな視点を得ることでさらに自分の考えが深まるということがあげられると思います。

さて、では僕が自分にこの質問をしたとしたら?




僕は「子供を支配しないこと」と答えます。

それは何でもない人にとっては些細なことですが、おそらく現代の多くの人にとっては簡単ではないでしょう。

支配でない、かといって無視や放置ではない。
過保護・過干渉はしなくとも、子供との関係性は必要なだけできている。
しかし、その関係性は束縛にはなっていない。

だから僕個人は「支配しないこと」を一番大切に思っています。



我が家の話ですが、子供の友達とそのお母さんたちと遊びに出たり、飲食店に行ったときなど、「須賀家の兄妹は、本当に頼んだこととか素直にやってくれるよね」というようなことをしばしば言われます。

聞けば、多くの家庭において子供たちはなかなか大人のいうことを聞いてくれないのだそうです。
うちでは子供たちは、食事の手伝いや買い物のお使い、お風呂掃除など頼むとこころよくやってくれます。
また、歯を磨いたり、外から帰ってきたときの手洗いやうがいなども大人がいわずとも自分たちでやっています。

おそらくこういった姿は「支配しないこと」の積み重ねが、それを可能にしているのだと思います。


多くの子育てにおいて、「子供に言うことを聞かせよう」と思って、支配や過干渉、過保護をする、しかしその関わりがむしろ子供が進んでやろうとしない状態を作り出すというジレンマにおちいらせているのではないでしょうか。

ちなみに、「支配しない」のは、「子供に言うことを聞く子にするため」にやっているわけではありませんよ。

「言うことを聞く子」を作ろうとしているのではなくて、ひとりの人間として関わろうとすれば当然ながら支配・被支配の関係ではなく、人と人の関わりになるというだけのことです。

関連記事

● COMMENT ●

子ども同士のケンカについて

いつも興味深くブログを拝見させていただいています。
私自体は恐らく支配する親に育ち。そうしないよう、ジレンマの中で1人娘の子育てをしています。

子ども同士のケンカについて、
お友達同士でものの取り合いや、やりたい、やりたくないなど。
本当は子ども同士衝突していても見守り、アドバイスは最小にして、子どもで解決まで導きたいのですが、
親同士の兼ね合いで、子どもに、
貸してあげなさい
みんな仲良く
を強調しがちになっています。
一人っ子なのに、これではお友達同士のやり方を身につけさせられないとジレンマがあります。
こういう事、保育園ではどういうやり方をされているのかぜひ聞いてみたいです。

21日のセミナーに参加させていただきました。これまでおとーちゃんのブログや本も繰返し読んできましたが、やっぱり直接お話を聞けるのは全く違うと感じました。
我が家は来月から幼稚園です。沢山の不安はありますが、その前におとーちゃんの貴重なお話を聞く事が出来て本当によかったと思います!ありがとうございました(*^-^*)
私は心配事があると夜が中々眠れなくなる体質なのですが、出産してからは専ら悩みは育児の事ばかりで、夜な夜なおとーちゃんのブログを読みあさるという習慣がつきました。
(色々検索するとよけい不安になったりするのですが、おとーちゃんのブログはなぜか安心出来るんです。)
子育てについての記事はもちろんの事、私が何よりも好きなのはお兄ちゃんとむーちゃんの日記です。読んでいると心がほわんとあたかい気持ちになります(*^-^*)お忙しい中、何年もブログを書き残して下さった事とても感謝しています(*^-^*)



勉強になります

いつも、ブログの更新、楽しみにしています。
今回の内容もそうですが、毎回、書かれていることがすっと自分の中に入ってきます。すごいな~と思い、また、おと~ちゃんの懐の深さにじーんとしてしまいます。わかってるような、わかっていないような曖昧な感情を解りやすく、言葉にしてくれるので、色々なことがはっきりしてきた感覚があります。今日の記事もすごく単純なことだけど、できてないんだよな~と、モヤモヤ。感覚でわかっていても、今までの習慣や世の中的価値観で、随分とたくさんのことがこんがらがって盲目になってしまっているのだなぁと実感しています。

支配管理の育児が当たり前の社会で生きてきて、骨身に染み付いているのを感じます。
頭では理解していても体得出来ていないというか、とっさに支配的な言動が出てしまうんです。
親と子供は対等。
その感覚を掴むにはどうしたらいいのでしょうか。

親と子は対等?

親と子は対等ですか?
対等なところもあれば、そうじゃないところもあります。
例えば、会話においては、子どもは難しい言葉、長い言葉、早い言葉は、理解できません。
先ずは、対等じゃないところを理解して、そこを対等にできれば、本当の意味で対等になれるんじゃないでしょうか。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1154-8d020a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

慣れてはいけない ー子供のいじめを考えるー «  | BLOG TOP |  » 保育士バンク!コラム『「子供を尊重する」ってどういうことなんだろう?』

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (115)
日本の子育て文化 (186)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (95)
心の育て方 (106)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (76)
その他 (62)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (108)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (35)
子育てに苦しむ人へ (21)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析