FC2ブログ

2018-12

「支配欲求」は集会がお好き - 2018.07.21 Sat

前回、朝礼のことに触れたけれども、組織内の上下関係を使って支配欲求を満たしたい人たちは集会をことのほか好む傾向があります。





(自分よりも下にいると目される)人たちを集めて一定時間拘束し、そこで自身が話をしたり、指示したことをその人たちにやらせることには、支配の見えない快感があります。
(かつてナチスドイツの時代に、挙手の礼をさせて「ハイルヒトラー」と言わせたようなところまでいくと、もはや目に見える支配の快感がありますね。そこまでいくと、支配者だけでなく被支配者にまで一体感や高揚感といった快感を与えることができます)


もちろん、その集会に合理的な理由があり、なおかつ支配欲求を満たすためのものでないのならば、集会をしたとしても何ら問題がありませんが、しばしば習慣的になされる集会というのはそういった支配欲求を満たすのにうってつけのものになるということです。


子供たちに支配的で不適切な保育をしている保育施設でも、かなりの率でこの集会への強いこだわりがあります。

施設長が立派な朝の会を毎日することを職員に要求し、職員はそれを子供に要求し、そこに適合しない子がいると職員はその子を非難し、さらに施設長が「子供をちゃんとさせられない」職員を非難し・・・・・・。
と、このような集会とモラハラのマッチポンプができあがります。

そこで権勢的なその施設長は、集会がうまくいっても、うまくいかなくても、(その人にその自覚はないでしょうけれども)自身の支配欲求を満たすことができます。

朝の会に強いこだわりを持っていて、0歳~2歳といった発達段階的に意味のない年齢にまでそれを求める保育施設には、注意して見ていくことが必要だと僕は感じます。




最近、保育の世界では「振り返り」というのがある種のムーブメントになっています。
(参考:https://berd.benesse.jp/up_images/magazine/en2015spring_1.pdf

これ自体は適切に行えばもちろん意味のあることなのですが、支配欲求を満たしたい上司がいる園では、その一日の終了後に「振り返り」という名の「つるし上げタイム」に事実上なってしまっているところがあり、支配により自分を満たしたい人がいると集会は恐ろしいものとなります。

これによって、「自分はダメな保育士だ」と思わされてしまっている人や、「保育の仕事ってつらいな」、「この職場辞めたいな」「保育士辞めたいな」と思わされてしまっている人はが結構いるかもしれません。
それは保育がどうのではないのよ、モラハラがまかり通ってしまっているその職場に問題があるのですね。




さて、学校の朝礼についてもこういったところを踏まえて見ると、合理的な必要がない時はやらなくていいという選択肢を学校は持つべきだと思えます。

見えない支配欲求があることに気がつかないと、毎週の朝礼という支配者にとっての既得権が手放されることはないままでしょう。

しかし、これからの道徳教育の方向性などをみていると、権威主義的な支配・被支配構造の強化に舵を切っているので、学校の向かう方向どうなるのか心配がつのります。


モラハラ、パワハラ、セクハラ、マタハラ、レイシズム、女性差別、LGBT差別などなど。
なんだか現代の日本には、肥大化した支配欲求をもてあます人がたくさんいて、それにより社会全体が停滞せざるを得なくなっているような感がひしひしとあります。



関連記事

● COMMENT ●

質問です

子供が親に、これやって!ここすわって!こうやって!というのはもともと持っている(本能からの)支配欲でもあるのでしょうか?
小さいうちにそこを満たしてあげると、大きくなって支配欲など出にくくなるものなのでしょうか。
私は子供のそういった欲求にはできる範囲でしか応えていませんが、ふと気になり質問させていただきました。
(応えてあげられなくて悩んでいるとかではないです)

Re: 質問です

それは支配欲求ではないでしょう。
おそらくは過保護、過干渉からくる影響が一番考えられます。
過去記事、カテゴリもあります。
そのあたりの対処をすることで、なんらかの変化があるでしょう。


保育施設を見学した時に、0歳児も含めて全員毎朝朝礼に参加させていますと誇らしげに紹介されている園に違和感を感じて、家や職場からは近かったのですが、希望園のリストから外しました。
違和感の正体はこういう事だったのかと改めて腑に落ちました。
地域では人気のある園だったみたいで何故人気があるのか不思議でした。
その見学した朝礼では、トントン前!っと大声で軍隊のように整列させられたり、、、。その場に強制的に居させられる0歳児、、、。列からはみ出すと戻され、、、。支配以外の何物でもないですね。
現在、家からも職場からも少し遠いのですが、小規模保育でのんびり家庭的な保育をしてもらっています。
来年の2月には3歳になり、小規模から卒園しないといけないため、おとーちゃんのブログを頼りに涼しくなった秋には再び質の高い保育園選び頑張ります。

ありがとうございます‼

質問への返信ありがとうございます!
なるほどです~。
過去記事読んで復習します。
ありがとうございました!


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1196-30f09140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハラスメント対応のお作法 «  | BLOG TOP |  » 「支配」という見えない快感

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (115)
日本の子育て文化 (186)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (95)
心の育て方 (106)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (76)
その他 (62)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (107)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (34)
子育てに苦しむ人へ (21)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析