FC2ブログ

2019-05

占いとカウンセリングの違い - 2018.09.06 Thu

カウンセリングは必ずしも万能というわけではありません、中には問題のあるカウンセラーもいるし、不適切なことを言われたという話もたくさん聴きます。
しかし、それでもカウンセリングは現代に必要なことだと思います。

人が心になにか問題を抱えているとき、それを自分だけで解決するのが困難なこともあります。
そのとき適切なカウンセリングを受けられることは、ひとつの有用な選択肢になります。

一方で、心の隙間があるとき、それを悪意を持って利用しようという人も後を絶ちません。
また、ここには悪意なくその人を利用しようとする人もいるので余計にやっかいです。


こんな記事がありました。

暴利をむさぼる「スピリチュアル起業主婦」らの手口。ほとんど素人なのにやけに高い料金設定の謎

人によっては簡単にスピリチュアル系の食いものにされてしまうので、占いとカウンセリングの違いを書いておきます。(以下TwitterにUPした記事の転載)https://twitter.com/hoikushioto



占いは、人を依存させる。
悪質なカウンセラーもそれをするが、カウンセリングの基本は自己決定なので依存にならないように留意する。

悪質な占いは、恐怖と不安を刺激してそれでその人を依存させ束縛する。


占いが人を依存させる構造は単純。
占いの7割ほどは基本良くない結果を出す。これにより人は不安を煽られる。
不安を煽ってしまえば後は簡単で、占い師は「これこれこうすれば、その不幸が避けられる」という答えを与える。
このマッチポンプにより不安からの救済を与える人となることで、自身に依存をさせる。
場合によっては信者のようにすることも可能。

そして占いに来る人は、他者に依存したい心理を持っていたり、不安を持っている人が元々多い。そうでない人にしたところで、ネガティブことを言われれば気にせずにはいられなくなるのが人間の心理。例えば「あなたは○○にたたられています」。

このように言われるとそういったことを信じてない人でもそれに惑わされてしまう。さらには、自分のことであれば消化できてしまう人もいるため、この主語を「あなた」以外に変えるとさらに効果的、「先祖が」「お母さんが」「お腹の赤ちゃんが」



◆人には、「自分で決断することの怖さ」という心理がある。

なにかを決めることには強いストレスが発生する。占いはこれを一部なりとも外部委託できる。人の生育歴によっては、例えば親から強い支配を受けていたなど。この気持ちがとても強くなってしまっている人がいる。

この人たちを依存させるのは簡単で、それにより継続的にお金をむしり取ることができる。
これと似た構造を使うのがホストクラブ。必ずしも占いと同じような不安を煽るわけではないが、別の不安を煽る。

ホストは依存させた後に、この依存ができなくなってしまうことの不安を煽る。「そのホストが他の客に取られる」という心理を巧みに利用して、お金をかけさせることでそれをつなぎ止める。もともと依存したい人をだますのは至極簡単である。
大阪の二児放置死の事件を覚えている人も多いだろう。あの母親はホストに依存状態になっていた。



カウンセリングは基本的に依存を助長しない。
しかし、カウンセラーのなかにも不心得な人がいたり、むしろ依存させることで自身の満足を得ようとする人もいるので注意が必要。

なかには、クライアントに依存してしまうカウンセラーもいる。
自分が持っている不安な状況とクライアントを同じようにすることで自分を安心させようとするケースなどがある。
これはカウンセラー当人に自覚がないため、クライアントも人によってはそれにはまってしまい共依存状態になる。ただ、こういったものは例外。

適切なカウンセラーであってすら、カウンセリングにはあうあわないがあるため、しっくりこないときは遠慮なく他を当たることが必要。

それが好意的なものであれ、非科学的な言葉を使う人は健全なカウンセラーではないと判断した方がいいだろう。
例えば、前世や血液型性格判断など。

また、少しでも自分が嫌だなと思うことを要求される場合も気をつけるべき。
例えば、「緊張しているようなのでマッサージをしてあげましょう」と身体を触られるなど。




ブログのトップに載せているのだけど、気づいていない人も多いとのことなので僕のHPの「子育てカウンセリング申込みページ」ときどき貼り付けておきます。対面相談、メール相談、電話(LINE、スカイプ)相談があります。
保育士向けの保育相談、仕事の悩み相談も同様にやっています。
保育士おとーちゃんホームページ 「子育てカウンセリング」

関連記事

● COMMENT ●

カルト宗教にはまった弟

占いやカウンセリングとは違うのですが…
弟がカルト宗教にはまっていることが判明し、両親と共に弟がどうしたらそのマインドコントロールから抜け出させるかについて、考えているところです。

>一方で、心の隙間があるとき、それを悪意を持って利用しようという人も後を絶ちません。
>また、ここには悪意なくその人を利用しようとする人もいるので余計にやっかいです。

とありますが、まさに心の隙を突かれ、悪意のなく勧誘してきた信者の方に弟は惹かれて入信したのだと思っております。
家族には5年ほど秘密にしており、ちょっとしたきっかけで判明しました。
高額な壺を買わされるような宗教ではないのですが、実に巧妙に依存状態にもっていくようです。

自分の子どもたちが、このような宗教や占いなどに依存せず、自分の頭で考えて、自分の人生を歩んでいけるように育てることが本当に難しい世の中だと感じています。
学校では先生の言うことが絶対、出来ることがすごいことという価値観を刷り込まれ、社会に出れば、情報があふれ、数年先がどのようになっているかも分からない世の中で、カルト的な宗教や占いに正解を求め、依存してしまう人がいるのも分かる気がします。
ちなみに弟は、体育会系で大学までを過ごしたためにカルト宗教にはまりやすい土台ができたのでは?と私は考えています。

ちょうど依存に関して考えている最中でしたので、少し話は違うのですが、コメントさせていただきました。
子どもの小学校でも、スクールカウンセラーが週に1度来ているようですが、まだまだ利用するハードルは高いです。
もっとカウンセリングが病院に気軽に行くように身近になれば、少なくとも変な宗教や占いなどにハマる人が少なくなるのでは…と感じています。

歴史と子どもへの視点について

最近アレな歴史書籍が話題になっていることもあり、歴史学の在り方について考えていたのですが、子どもへの視点の在り方と重なるところがあるなぁと思い至りました。
例えば、歴史における一つの事象を取り出し、それを現代的な価値観から一方的に良否を下す事は可能です。ですがそこに徹してしまうと、同時代におけるその事象の意味や意義又は評価が見えなくなってしまい、更には現代との連続性がないものと見なされてしまう恐れが出てきます。言ってみれば、歴史が科学的・客観的な視点から見られるのではなく、ファンタジックなものとして扱われてしまうのです。ファンタジーと自覚して楽しむのであれば問題はないのですが、厄介なのはそのファンタジーが事実であるという誤った認識が広まってしまい、それがスピリチュアル系やカルト的なものとして強制力を持ってしまう事です。歴史修正主義や陰謀論という考え方も、現代の価値観でのみ歴史事象を判断するために、都合の悪い事を書き換えようとして起こる事なのだと思います。
子どもへの視点も同じことが言えます。例えば、ある子どもがした一行為を、それのみ取り出して大人の価値観から良否を判断する事は簡単な事です。が、そこに徹してしまうと、その子どもがなぜそのような事をしたのか、その背景にある成長・発達度合、心の在り方、そのほか環境要因などを考慮出来なくなってしまいます。すると子どもの成長は連続性のあるものとは捉えられなくなり、子どもがどのような積み重ねをしていくことになるのか、その結果子どもがどのように成長していくかが客観的に見れなくなってくると思います。
「子どもの都合に関わらず、大人が正しいと思うことを押し付けることこそが、子どもにとって為になることなのだ」という、極めて一方向的な大人の論理を生み出してしまう事になると思うのです。それは大人が一方的に抱くファンタジーに過ぎず、大人と子どもの相互的な関係を全く無視した独善的な在り方であると言えます。(そこにスピリチュアルやカルトが付け入る隙が生まれてくるのは歴史と一緒です。)
個の主観も、物語やファンタジーを楽しむ心も、生きていく上では大切な要素です。ですが、それらを現実や事実と一緒にして何でもかんでもごちゃ混ぜにしてしまうと、トンデモない生きづらさを生み出す原因になるのではないでしょうか。そして、そもそも人間はそういったものに陥りやすい面があるので、だからこそ科学的な視点を持つことが必要であり、また、主観と客観両方の視点のバランスを保つことを心掛けねばならないのではないか、そう思います。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1219-6d59fc8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岩手県滝沢市講演を終えて «  | BLOG TOP |  » なぜ保育のバックボーンを「愛情」にすべきでないのか

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (119)
日本の子育て文化 (200)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (46)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (84)
その他 (64)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (113)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (44)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析