FC2ブログ

2018-10

保育講座「保育のチカラ」を終えて - 2018.10.01 Mon

気がつけば10月になっていました。
講演、研修、育児相談と先月から多忙です。
いろいろと報告することがあるのですが、まずは順番に。

先月15日、HOIKU BATAKE主催の保育講座「保育のチカラ」がありました。
保育実践に問題意識を持っている方々が集まって、保育の本質の考察から始まり、それをリアルな実践に置き換えていくポイントをお伝えしていきました。




わざわざリアルな実践といっているのは、僕はおためごしかしのきれい事は言わないからです。

僕は現場の人間として、大変な子供、大変な職員、大変な保護者。その現実を踏まえた上で、だからこういった方法があるのだというのを提示していきます。


これまでの保育界は、美談、感情論で保育や子育てをきれい事にして語ってきました。
例えば、もし上のように「大変な子供」などと直裁に経験ある保育士たちに言うと、「子供のことを見下している」とか「子供のことを大事に思っていない」といった感情的な反発が返ってくることがしばしばあります。


そこにあるのは、おためごかしです。
「子供のことを大事に思うべき」「子供を愛するべき」「子供を尊重すべき」
こういったきれい事の感情論を保育の専門性の担保にしてきてしまいました。

じゃあ、実際にその人達はその子への十分なケアができているのだろうか?
なかにはいるでしょう。

a,本当の子供の利益
b,保育者の達成感

aもbも十分にできている人。それならば結構です。

しかし、感情論を保育の担保にしてきた保育界は、まじめに子供に対する人は自己犠牲的になることを避けられません。
それには疲弊がともないます。
それでできたとしてもaのみということになります。
かつてできた人も、いまはやらなくなってしまったりということもあります。


現実の保育の現場で起こってしまうのは、感情論できれい事を言いながら、大変な子の疎外や排除になってしまうケースです。

それはbだけの世界です。
「私は、こんなに大変な思いをしてこの子につきあっている」
bだけだと、それは自己満足にすぎません。

もっといくと、「大変な子を大変な思いをして叱っている私」といったところに、自身の承認欲求を持ってきてしまったりもします。



そのようになると、実際に起こるのは、親への批判、親の悪口、子の悪口を口に出すことで心のバランスを取らざるを得ない保育士たちの姿です。
また、「子供が大変だから人手が足りない」という、職場への要求が起こります。
さらには、手のかからない他クラスを見て「その子たちはちゃんとしていていいわね」といった同僚へのやっかみなども起こったりします。

美談的感情論が生んできたものは、実のところ少しも美談ではないのです。
これが現状の保育界です。



◆「スキル不足」がもたらす保育の疲弊

実のところ、ここにある問題は「スキル不足」です。

・大変な子にどう関わったらその子を安定させることができるのか?
・大変な親は、根っこでなにを求めているのか?
・それにはどう対応していけばいいのか?

問題と見える状況に対して、適切な対応のメソッドとスキルを持っていれば、親や子の悪口を言うところにいかずに済むのですが、これまでの保育界全体で見たときの保育のレベルはとても専門的と言えるほどのところまでいっておらず、それらが業界全体の中でもほとんど確立していなかったのが現実です。


意欲や問題意識、理解力を持っている一部の保育士たちは、そこに漠然としてであれ危機感や違和感を持っていました。

僕の講座にご自身で参加なさる方は、ほぼ例外なしにそういった方達です。
研修後も時間の許すかぎりディスカッションしていっています。

このときも、講座自体は10時~12時半でしたが、場所を変えつつも一番最後までいた方は17時まで保育について、またご自身の子育てについていろいろ語り合いました。

今回はたまたまですが施設長やそれに準じる立場の方が多く参加なさって下さいました。
保育をより良くしたいという方が、決して目立つわけではないけれども地の塩のようにいることを心強く思います。

もちろん、どんな立場であれ参加を歓迎します。
僕は、「支配をしないこと」がなによりも子育て・保育のなかで大切なことだと終始考えています。
それは、大人に対してであれ同じです。

「年齢が上だから」
「経験年数が多いから」
「職務上の立場が上だから」

これらは、無意識のうちに人に植え付けられている感覚です。
そこに悪意はないのだけど、これは支配のパラダイムになっています。

「どんな人であれ人として対等」
本来はそれが揺らがない真実です。

これを大人に対してすらできない人が、本当の意味で子供の尊重などできるわけもありません。

そして事実、保育士たちがそれができないために、「子供になめられるな」という言葉に象徴されるような強い支配が保育の中で蔓延してします。
それを避けても、子供をコントロールする「優しい支配」におちいったり、子供を疎外して言うことを聞かせる「スマートな支配」になっています。
結局のところ支配から抜けられないがゆえに、保育士の専門性はプロの仕事の域にまで到達していません。


僕は他者を支配しないことを心がけています。
それゆえに僕の講座では、立場や年齢がことなる見知らぬ人同士であっても自由闊達な意見交換をしてもらいたいと常々思っています。
こちらはHOIKU BATAKEさんによる研修報告(Facebookへのリンク)

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1225-6480da7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子育てのパラダイム転換  ー「させる」から「する」へー «  | BLOG TOP |  » 江東子育てネットワーク おせっかい講座「孤育てからムリのない子育てへ」を終えて

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (78)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (114)
日本の子育て文化 (186)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (95)
心の育て方 (106)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (65)
その他 (62)
未分類 (22)
講座・ワークショップ (102)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (34)
子育てに苦しむ人へ (21)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析