FC2ブログ

2019-02

相談を受ける人の決めつけ - 2019.01.28 Mon

カウンセリングの話とまではいかなくても、誰かの相談を聴くというテーマの話になると、「相談してくる人は、すでに自分で答えを持っている」という意見にひんぱんに出会う。

この言葉、もうずいぶん昔から世間に流布している。
一面の事実を含んでいるし、もっともらしく聞こえてしまう言葉だ。




僕自身もこの言葉を複数の人から何度となく聞くのだが、そのたびに違和感を感じてしまう。
一般の人が世間話の中で言う分にはまだいいのかもしれないが、教員や保育士といった、人の相談を受けることもある立場の人から自信満々に言われてしまうと戸惑ってしまう。

なぜなら、そもそもそれはいろんな面で間違っているからだ。

それは「個別性の原理」という相談の基本のキに反している。

ざっくり言えば、「相談者は一見同じようなことで悩んでいたとしても、その悩みは皆違う。だから、決めつけをせず、個々を尊重して耳を傾けなければならない」ということ。


「相談する人はすでに自分で答えを持っている」というのは、決めつけ以外の何ものでもない。

「そういう人もいるかもしれないし、そうでない人もいるかもしれない」という見地に立っていなければならない。

実際に、相談前から自分で方向性を見定めている人もいれば、そうでない人もいる。また、そもそも問題や悩み自体に気づいていないという人だっている。

そういう人であれば、そこに問題があることや、どこどこに解決のいとぐちがあることを示唆したり、そこに気がつけるような視野を広げるお手伝いをする必要がある。


「相談してくる人は、すでに自分で答えを持っている」

このフレーズは、皮肉にも「下手なことを言う人ならば黙って聞いているだけの方がまし」という意味で、現実には機能している。


関連記事

● COMMENT ●


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1278-3b5e380f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

職場に子供を連れて行けと言った政治家の発言から考える «  | BLOG TOP |  » 0歳からの自己肯定感の高め方(前編)【ベビーカレンダーコラム2】

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (117)
日本の子育て文化 (192)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (106)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (78)
その他 (64)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (109)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (40)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析