FC2ブログ

2019-10

善意の差別 - 2019.01.30 Wed

先日Twitterで、廃棄される食品で料理を作って食べるというテレビ番組を見た人が、「まだ、食べられるものが処分されるなんてもったいない。そういったものを児童養護施設などに寄付して食べてもらえばいいのに」という趣旨の発言をしていて、そこに幾人もの人が賛同のコメントをつけていました。

最近、近代ということを軸にいろいろ書いていおりますが、これもまた日本は近代化していないと強く感じさせるものでした。

この人達は、むちゃくちゃな差別をしているのだけど、当人達にはその認識がなくてむしろ良いことを言っていると思っているのでしょう。

悪意から起こる差別も、もちろんあってはならないことですが、善意からくる差別にはまた別の恐ろしさがあります。





なぜこれが差別かというと、「社会福祉を受ける存在は一般よりも劣った待遇に甘んじるべき」という、福祉の対象を低く見るスタンスに立っているからです。

このケースで言えば、「児童養護施設の子供たちは廃棄物を食べさせても良い」とナチュラルに思っているわけです。
その人達に差別の意図はなくとも、これは大変な差別です。
これは、食品ロスのテーマとはまったく別のお話です。
社会福祉をどうとらえるかという考え方のテーマです。


日本では「劣等処遇」という考えが根強くあります。
「福祉を受ける存在は、劣った待遇に甘んじるべきだ」という考え方です。

社会的にこれが通念と化しています。

これは言ってみれば、施しを受ける人間は投げ銭で十分という、近代以前の考え方に近いものです。
「慈善」で福祉を考えてしまうと、この理解をなかなか超えられません。
福祉と慈善はまったく違うものなのです。


近代以降は、基本的人権というものがまずあることが大前提なので、「劣った待遇に甘んじろ」という考え方は否定されねばならないものです。

同じである必要があります。
だから、たとえ児童養護施設で生活する子であっても、家庭で育つ子と遜色のないような十分な待遇を社会が考える必要があります。
「健康で文化的な生活」という言葉を聞いたことがあるでしょう。「廃棄されるものを食べなさい」と言われることは、文化的とは言えないですよね。


こういった、社会福祉を受けるものを下にいるものと見なし、それに慈善を施すというのは近代以前のあり方です。

これでは現代の社会福祉たりえません。
常に差別が付随してしまうからです。

しかし、いまだ日本にはこういったスタンスの人が多いのも事実で、それゆえに社会的な弱者に対して「感謝しろ」と感謝の強要をしてくる可哀想な人もおります。
その人は自身の差別心ゆえに、他者にマウンティングせざるを得ないメンタルを獲得させられてしまっています。


社会福祉を受けるのは、権利として堂々とする必要があるし、それを社会も当然のこととしていく必要があります。
少しの想像力があれば、それは難しくないのです。
だって、いつ何時、自分や自分の孫や子がそういった社会福祉を必要とする立場にならないとも限らないのだから。
というよりも、現代の人は全て、すでになんらかの福祉の恩恵をこうむって生活しています。

そうした想像力の欠如や、人権に関する適切な教育のなさが日本の社会をギスギスとしたものにしていると感じます。


関連記事

● COMMENT ●

小学校でも…

こんにちは。
本当に憤慨するようなお話だと思います。

しかも、児童養護施設だけじゃなく、一般的小学校での給食でも、
アレルギーのある子は我慢して当たり前ということを先生に言われた話を聞きました。

何かが出来ない・何かが難しい環境や状況の子供たちへ
どうして大人が思いやりを持てないのか不思議でなりません。

保育士おとーちゃんの投稿で、少しでも意識を改める人が増えることを願うばかりです。

啓発的な内容も、とても共感します。

Re: 小学校でも…

おそらくそこには、「他者を支配したい心」。またそれと対になっている「自己を肯定して欲しい気持ち」「自己承認の渇望」が密接に関係しているのだと思います。
こういった、社会的問題や、大人の持つ問題を指摘してはいますが、僕自身の本当の仕事は、子供たちにそのような「他者を支配したり、否定しなくても十分に自己をまっとうできる心を持たせること」だと考えています。
でも、それをするためには、社会におけるそういった理不尽な支配を無くす必要があるし、、それを無くすためには子供時代から健全なメンタルを持たせる必要があるしという、「鳥が先か卵が先か」のジレンマを感じます。

自分も無意識のうちに差別をしているのではないか。そもそも、変えられない潜在的な意識が、差別をしているんじゃないか、と思います。

差別的な価値観を持たされてしまった自分が、差別する意識を自分の中から消すにはどうしたら良いでしょう。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1280-38218b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保育無償化について «  | BLOG TOP |  » 職場に子供を連れて行けと言った政治家の発言から考える

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (119)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (46)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (88)
その他 (66)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (121)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (47)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (3)
保育について (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析