FC2ブログ

2019-05

保育無償化について vol.2 - 2019.03.16 Sat

「日本の保育無償化は誰も幸せにならない」といえるこれだけの理由(現代ビジネス)

保育ジャーナリスト猪熊さんの記事。

まずは、当たり前なのだけど、待機児問題解決してから無償化を考えろという話。
無償化により、質が悪くなるという本末転倒をするな。
国が決めたことで自治体に負担をかけるな。自治体の全てが裕福とは限らないため、負担増になれば質の低下や他の所への圧迫が起こる。
結局のところ、いまの政権ではまともな福祉政策は期待できない。
関連記事

● COMMENT ●

一人では難しい

以前おとーちゃんの研修に参加させていただきました。その節は本当にありがとうございました。

あれから色々ありますが、まだ同じ園で勤務しております。
先日、初めて受け持った子どもたちが卒園式でした。園の保育のあり方には申したいことも山程ありますが、それを差し置いても、子どもたちの成長した姿というものはまぶしく、嬉しいものですね。
この先の人生に幸多かれと願わずにいられません。

私の性格もありますし、おとーちゃんのブログで勉強させていただいているのもありますが、保育の中で日頃から怒ることはほとんどなく、些末なトラブルは「そっか~、嫌だったね、うんうん」と受け流すことが多いです。

一緒に組む先生は非常に支配的な関わりが多く、声も大きくて威圧感があります。疎外、脅しなども多いです。
規範意識が高く、小さなトラブルや失敗でも正論から子どもを叱ることが多く、私も「それは言い過ぎじゃないか」と感じることが多々あります。
ただその先生も、とても真面目で熱心です。良かれと思ってやっているのでしょうけど、冷たさ、厳しさを感じます。

そのぶん、子どもたちは何かあると私のほうへ泣きついてきたり、甘えてくることが多いです。それも気に入らないのか何なのか「あなただけの○○先生じゃないんだよ」というようなことも平気で言います。
私としてはそんなネガティブな姿を一手に引き受けているので、私がいるときはまあ賑やかでやかましく、まとまりがないと思われています(笑)
園としても子どもたちにいろいろとさせたがる部分があるので、クラスのまとまりがない=ダメ保育士のレッテルを貼られていると思います。

ただ、クラスには療育に通う子どももいて、そういう子たちの対応も私が主に担っています。
その子たちの存在が一種の防波堤というか、言い方は非常に悪いのですが「あの子がいるからそういう対応でも仕方ない」といった消極的な感じで、受容的な保育がしぶしぶ、仕方なく認められているという部分もあります。

一人の力では、受容的な保育というのはやりたくても難しいですね。
だからといって支配的に関わるつもりもないので、状況を見ながら、なんでもない遊びの中で肯定のメッセージをたくさん伝えていくことを心がけています。
来年度は一緒に組む先生にもよりますが、可能であればこの保育観を伝えながら、受容的な対応が自然とできるようなクラスになればいいなと思います。

おとーちゃんのブログは私の指針です。これからも学ばせていただきます!

てっきり、1号認定の部分が無償化なのだとばかり思っていました…しかも、給食費は実費負担のまま、2号認定だと負担増?この制度を作った人に、どこを向いて何を考えて誰のためにこうしたの?わかるように説明して?と問い詰めたい気分です…
そういえば、四月から子供が三年保育で公立こども園に入園予定ですが、在園児の人数は変わらずクラスの数は減っていました。子供にも選挙権があれば、何か考えてくれるのでしょうか。

政権交代しかありませんね。

2人目の子どもが幼稚園に入った時に無償化の対象となったとしても、もう1人子どもを産み育てたいとは思えません。
こんな世の中で、新たに子どもを望むこともできません。

未来に向かって成長し続ける子どもたち、
子育てする時間を大切に思う親、
働きながら子育てする親、
親から預かった子どもに対して質の良い保育や幼児教育を提供して下さる先生方、
子ども達が生きていく社会、

すべて幸せな方に向かわなくてはいけないのに。。。

おとーちゃん先生は今回の幼児教育無償化に反対の姿勢のようですが、私は賛成です。

待機児童の解消が優先、質の低下の懸念、実質負担の逆転など解消すべき点は多々あるとは思いますが、実感として所得による負担格差が激しく子供の保育、教育は平等にという考えには共感しますが不公平感を感じることはあります。一言ではあらせませんが、専業主婦を選択したのも本人の希望、シングルマザーを選択したのも本人の希望と考えます。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1300-e5ddb812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小学館HugKum【2歳児ママパパみんなイヤイヤ期に悩んでる!】乗り越え方を保育士おとーちゃんが伝授! «  | BLOG TOP |  » 子育ての前にあるもの vol.1 ~自己受容と自己肯定~

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (119)
日本の子育て文化 (200)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (9)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (46)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (84)
その他 (64)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (113)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (45)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析