FC2ブログ

2019-12

不適切保育について -保育上のスキル不足という問題- - 2019.08.03 Sat

最近、不適切保育に関する報道をとても多く目にする。
例えばこのケース。

複数の保育士が園児に暴力か 園長「グーで殴ってない」


「複数の保育士が」という点。また、園長の弁護「何度注意しても危険な行為を続ける子どもの手をはたくことはあったが、グーで殴ったり蹴ったりはしていない」
こうした見解を聞けば、ここが組織ぐるみでこうした子供に暴力を振るうことを許容していることがわかる。

こうしたケースの施設側の弁明を聞くにつけ感じることがある。
それは、あまりにおそまつな見識に立っているということ。

自己弁護のつもりなのかもしれないが、「グーで殴っていない」は少しも弁護になっていない。
しかし、その園長からすると「握り拳でなければ暴力ではない」という認識なのだろう。正直なところ、あきれて言葉も出ない。
平手だろうがデコピンであろうが、保育施設としての認可を受けて国家資格をもった保育士が職員として働いていて、人様から預かった子供に暴力を振るうことは毛ほども許されることではない。
「グーで殴っていないから悪いことなどしていない」という弁解は、世の人をして「保育士とはこの程度のものなのか」と思わせることだろう。
自己弁護にすらなっておらず、暴力を子供に振るっていましたという自白のようなものになっている。


また、職員個人の問題にして幕引きを図ろうとするケースが多く見られる。
施設長や理事者の管理・監督責任は?
なぜ、日本の社会では「責任者」と呼ばれる人が、しばしば不始末があっても責任を逃れてしまうことがあるのだろう。
施設長が、その不適切な状態を知っていて看過していたのならばそれは問題だ。しかし、知らずに起こっていたというのであれば、やはりそこには監督不行届という責任問題が発生する。

そして、保育施設という小さな施設内で起こっていることは、そこにいる職員、施設長がまったく知らない気づいていないということは、そう簡単には起こらない。
不適切保育が、職員個人の問題から発生することもある。しかし、組織や経営者、施設長の姿勢が下地となって引き起こされることも少なくない。

例えば、保育の質などお構いなしに、職員への不当な待遇や、サービス残業の強制など過剰な労働の要求、ハラスメントなどが常態化していれば、そこで働く職員は、そうした負荷を弱いところ、つまりは子供へぶつけるようになっていく。
ゆえに、不適切保育の不祥事が明るみになったところは、たとえその職員が解雇されたとしても、必ずしも安心して預けられるとは限らない。



さて、では視点を変えてみてみよう。

なぜ、こうした不適切保育が現状山のように起きているか?
僕の立場から言えることのひとつは、明らかなスキル不足である。

言うことを聴かない子に対して「しつけ」と称して暴力を振るうといったことが起こるのは、そういう状況にある子に対してどう関わればいいかわからないがゆえにひき起こされる。
保育の専門性が欠けているのだ。

「言うことを聴かない」「他児に乱暴をする」

こうした子がいた場合、適切な保育としてのスキルを獲得していれば、信頼関係の構築から初めて、肯定不足の解消、自己肯定感、自尊感情の形成、適切な他者との関わり方の構築、ものごとに取り組む意欲の形成、こうしたことを通して安定的な姿を導いていくことができる。


しかし、それらのスキルを持っていなければ、威圧、管理、支配、疎外等をさまざまな形でもちいて、大人の望む姿に力技で持っていこうとする関わりにならざるをえない。
また、同時にそのときにそこに関わる大人のメンタルは、自己防衛へと傾く。

「その子が悪い」「あの子は甘やかされている」「あの子は家庭でしつけがされていない」
「その親が悪い」「あの親はモンスターペアレンツだ」

こうした犯人捜しの心理におちいってしまい、援助が必要な子、家庭に対してほど、その逆のことをしてしまう。
このような意識では、自分たちの職業上のスキルを上げることなく、保育上の不適切さが守られ維持されていってしまう。

保育施設の不適切な行為の背景には幾重もの問題があるが、そのひとつにはこの保育上のスキル不足の問題がある。


上の記事内でもその園長が述べているように、資格を持った保育士が「しつけ」のレベルでしか保育を考えていない。「しつけ」のスタンスから保育をすると簡単にモラルハラスメントの状況におちいり、不適切保育は起こるべくして起こる。
こうした事件やニュースにならずとも、疎外や言葉による暴力などの精神的な虐待が容易に引き起こされる。
保育士が保育を「しつけ」で考えているレベルというのは、素人さんのレベルということであり、それは保育士養成校の敗北であり、児童福祉法や保育所保育指針の敗北であると言える。


しつけの観点から保育をしたら、不適切な行動をする子は「罰するべき存在」に見えるようになってしまう。
この状態は、保育士として専門性、そしてそれに基づいた実際上のスキルの欠如にある。
しかし悲しいかな、そのレベルに多くの保育施設があるのが現実。

適切な対応法がわからないがゆえに、スマートな威圧、スマートな管理、スマートな支配を保育士の技術なのだと勘違いしてここまで来てしまっている施設、保育士は多い。
そうしたスキルしかなければ、その状態の自分たちの仕事を正当化せざるを得なくなる。場合によっては事件性のあるケースのように、暴力までも正当化しようとしてしまう。
せっかく、子供に携わる仕事を選んだのに、保育をそういうものとしてしまうのは大変もったいないこと。


本当にお願いだから子供に不適切な関わりをしてしまう前に、僕を研修に呼んで欲しい。
理念だけでなく、実際に生かせるスキルとして保育を伝える。それだけでなく、保育者のケアやモチベーションアップにも協力して、子供にとっても保護者にとっても職員にとってもよりより保育にするために力を貸すので。

関連記事

● COMMENT ●

4月から入園した公立保育園で気になることがありました。ニュースになるような不適切な保育とまではいかなくても、子どもをコントロールするために、手を強く引っ張ったり、大きな声で(個人的には怒鳴り声に感じました)注意していたり、その他にもモヤっと感じる事例を送り迎えの時に見てしまいました。
子どもは4月後半あたりから保育園行き渋りし始めました。当該の保育者は担任ではなく、サポートの方で、ここ最近関わりが少なくなったこともあり、子どもも快く登園してくれるようになり、今日は楽しかったという言葉も出るようになりました。時々、保育園辞めても良い?あんまり好きないねんと言っています。
子どもが行き渋りした時は、担任の先生に、子どもが保育所が怖いから行きたくないと言ってること、先生との信頼関係がまだ出来ていないようだといったことを伝えました。
子どもも自分なりに先生に気持ちを伝えていたようです。せんせいおこるし、きらーい、もっとあそんでくれたら、すきになると保育者本人に面と向かって言ってたそうです。
保護者側として、不適切な保育の場面に出くわした時、どうしたら良いのか迷います。

本当に保育士おとーちゃんの話を沢山の保育関係者が聞いたほうがいいと思います!
ぜひ私の地域にも来ていただきたい!
保育士おとーちゃんが全国に回って
おとーちゃんの考えが広がったらと思います。

本当に、おとーちゃんさんにぜひウチの幼稚園に来て欲しいです…
保護者の立場からどう働きかければいいのでしょう。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1330-5ffbc5d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保育を疑え «  | BLOG TOP |  » 保育と政治 ー安倍政権の存続に反対ー

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (119)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (46)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (88)
その他 (67)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (125)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (47)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (3)
保育について (5)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析