FC2ブログ

2019-08

保育を疑え - 2019.08.07 Wed

コメントで、我が子の通っている施設の人達に僕の研修を受けてもらうにはどうすればいいかという質問をいただきました。
保護者の立場から施設側に研修をして欲しいというのは、なかなかに伝えにくいことでしょう。また、そうした施設であればそうしたことを疎ましく感じるということもあるでしょう。

そういう場合、もし父母会などで保護者向けの講演などの企画があればそこに呼んでいただいて、それを間接的に保育者の人達に聴いてもらうという方法もあります。
信頼関係の形成や、受容の大切さ、支配やコントロールの無意味さの話を聴く中で、もし響く人が施設側に多少なりともいたら、それが子供への対応の変わるきっかけとなるかもしれません。

さて、では以下からが今日の主題。(保育者向けの内容になっています)



保育の仕事をラクにしていく方法。
それは、自分の保育を疑っていくこと。


少なからず、自分の保育(子育ても)を否定されることは、自分の人格を否定されてしまうような気持ちになってしまう。
だから、人は自分の保育を問題視するよりも、それ以外の所に「犯人捜し」をしたくなってしまう。

その結果、「あの子は○○だ」「あの家庭はしつけがなっていない」「あの親は愛情がない」などの、子供や保護者への悪口へと発展する心理になりかねない。

しかし、そのような気持ちになってしまえば、仕事に徒労感ばかりが増える。
だから、自己肯定(自己防衛)のための犯人捜しは、結局のところ、子供、親、保育士誰のためにもならない。

実は、保育者である人は、自身の保育を疑っていくことが、こうした負のスパイラルになることを防ぎ、なんらかの解決に近づけてくれることになるので大きなプラスを生む。


例えばよくあるところでは噛みつきを例に考えてみよう。

噛みつきが発生することは、保育者としてもたいへんしんどい状況を生む。

もっとも表面的な理解でそれを見れば、「噛みつく子が悪い」となる。
保育者が、自己防衛の心理を強くすれば、「噛みつくその子が悪いのであり、その子は注意するべき存在や罰するべき存在」と見えてしまう。その次に、保護者を責める心理となりかねない。
こういった心理に流されてしまうことは、結局のところ誰のためにもならない。


こうした問題が起こったとき、実は一番いいのは保育を疑ってみることなのだ。
仮に、保育に落ち度はないと思っていても、明らかにその子が持つ問題や、保護者になんらかの問題があるにしたとしても、保育を疑ってみる。
なぜなら、よしんば子供や保護者に問題があったとしても、それらは容易に、または短時間で解決ができるわけではない。しかし、自分たちの保育の問題点であれば、たやすく改善点を見つけ実行することができるからだ。

そして仮に子供や保護者にどれほど問題があったとしても、噛みつきの多発は保育にも何らかの問題や課題があるものだ。むしろその多くが保育上の問題に起因しているとすらいえるかもしれない。


・噛みつきが多発しているという事実

・保育に問題点はないかの視点に立つ

・遊具が少ないのではないか?

・遊具がその子の好みや発達にあっていないのではないか?

・子供たちが安心して過ごせる環境作りは万全なのか?

・子供たち一人当たりのテリトリーは確保されているか?

・デイリースケジュールにムリはないか?

・保育者との信頼関係は適切に構築されているか?

・噛みつきの多い子の情緒を安定させるための配慮は十分か?

・子供たちを待たせたり、我慢させたりするシーンが日課の中に多くはないか?

・子供たちの安心、安全を脅かす要素はないか?(物的環境、人的環境)


ごく一部を挙げただけでも、こうしたものが考察の対象となる。
この他に、噛みつきが慢性化している特定の子がいるのであれば、その子への個別の配慮が別にいくつも立てられることだろう。


仮に、保護者に問題があろうとも、子供に問題があるにしても、保育上の配慮によっていくらでもそれをカバーすることができる。


そして、忘れてはならないのは、保育は福祉であること。
子供に問題があってはいけないのか?保護者に問題があってはいけないのか?
否。
問題がある人への援助ができて初めて児童福祉としての保育が全うされる。

保育士は犯人捜しの心理を形成するべきではない。それではせっかく選んだ素晴らしい仕事を一生の徒労にしてしまうだろう。


家庭に問題があるのならば、保育者がそれを補えばいい。
人手が足りない、忙しい。そうしたことを言い訳にしたくなってしまうのだったら、実際上のスキルを上げればいい。
適切な対応方法のスキルさえ持っていれば、保育における問題解決のいとぐちはたくさん見つかるだろう。

それができるようになれば、保育はこの上なくおもしろい仕事だし、また子供たちのそうした諸問題も恐れる必要はなくなる。

そもそも、こうした視点を持って施設全体が保育を行うことができるようになれば、子供の問題行動の発生自体を減らすことができるだろう。

関連記事

● COMMENT ●

こんばんは。
保護者としての働きかけをどうするかのヒントを頂き、ありがとうございました。
来年の保護者会の役員に立候補してみて、講演会の企画を出したいです。人見知りで保護者同士の会話は大の苦手なのですが、子どもを通して人間関係を広げてみます。まずは、挨拶プラスαのコミュニケーションですね。今年中に色んな種を蒔こうと思います。

論理的思考

今回のおとーちゃんのブログを読んで、さすがだなあと思いました。
特に、この一文を読んで、なるほどと思いました。「子供や保護者に問題があったとしても、それらは容易に、または短時間で解決ができるわけではない。しかし、自分たちの保育の問題点であれば、たやすく改善点を見つけ実行することができるからだ。」

論点がずれているかもしれませんが、あえてコメントさせていただきます。

私は保育と全く関係のない仕事をしています。仕事をしている上で正確さや効率を求めるには、仕事を細かく分類し、論理的に掘り下げていくことが重要であると感じています。

文科省の「小学校プログラミング教育の手引」に〈プログラミングの 技能を習得したりすることは考え られるが、それ自体を、ねらいと はしない。〉〈ねらいは「プログラミ ング的思考の育成」や「プログラムの働きやよさへの気付き等」であることを明確化。〉 とあるように、論理的な思考能力は、どの場面においても必要となるはずです。

生身の人間、子どもに関しては、複雑な要素が絡まりすぎていて、客観的に分析したり論理的に解決することは非常に難しいと思います。しかし、おとーちゃんが示した手順は「感情的」「情緒的」なものと対極にある論理的なアプローチであり、とても大事なことであると思いました。

あと、この一文…。多くの保育士さんに共有していただきたいです。
「そして、忘れてはならないのは、保育は福祉であること。
子供に問題があってはいけないのか?保護者に問題があってはいけないのか?
否。
問題がある人への援助ができて初めて児童福祉としての保育が全うされる。

保育士は犯人捜しの心理を形成するべきではない。それではせっかく選んだ素晴らしい仕事を一生の徒労にしてしまうだろう。」

保育の質

以前2歳児の食事についてコメントをさせていただいた者です。
今回の内容も、まさに現場で普段起きていることで…
自己保身のためにだれかのせいにしてしまうということは私の周りでも多々あります。
その方が楽なんでしょうね。
それは年齢や経験を重ねれば重ねるほどその様な傾向にあると感じてます。
そしてその様な年齢を重ねた保育士は、自分のスタイルを変えたり、保育を振り返ったり。ということは苦手です。
というよりもできないのかもしれません。
(私も年齢を重ねた保育士です)

若い職員の意見を吸い上げたり、気持ちに寄り添うことは、年齢を重ね経験豊かな保育士が率先して行って欲しいと思ってます。

私なりに本を読んだり、研修に参加したり。
保育の中でも子供たちにはアンテナをさり気なく張り続けてます。
研修、勉強ともちろん大切ではありますが、
やっぱり今目の前の子供たちの心の動きをきちんとキャッチしてあげること。そのためには自分自身が豊かな気持ちで生きていること。
それは無理し過ぎずに、ちょっとくらいできなくてもごめんねぇーと笑い飛ばせる職場だったり、子供の様子に合わせて柔軟な保育が出来たり、ねばならない!がたくさんではなく、 こういうこともあっていいよねぇ…という保育も受け入れてあげられたり。

子供たちはよーく大人を見ています。
ちょっとヘマしてしまう大人(わざとできないフリしたり…)の方が、子供たちで考えて、必要な物を準備してくれたり、手伝ってくれたり。
おとーちゃん先生の様に、うまく言えませんが保育士も肩の力を抜いて楽しむことが大事だと思います。
大人が真剣に楽しんでいたら子供は食らいついてきます笑
楽しいことをいっぱい共有して、子供たちの成長を見守っていきたいです。
もちろん自己満足ではなく、日々の振り返り、保育の見直しは柔軟に…

おとーちゃん先生の本も何度も読み返して、たくさんマーカーも引いて私の保育のバイブルとなってます。
私自身。3人の子育てを終え、今は保育士の仕事が楽しくてたまらない毎日です。
体力勝負なので、しっかり休養とりながら頑張っていきたいと思っています。
いつもありがとうございます。

保育の質というか、質問です。

今、小規模保育園(定員19人)で看護師として働いています。
園長、副園長、保育士3人、保育補助2人、私です。
質問なのですが、忙しいのでコカリ?週案、月案?などを保育補助と看護師もできるようにしてほしいと言われました。
一度保育士さんと一緒に立ててみましたが、子供の発達段階やそれに応じた遊びや生活など知っていないと立てられない専門性の高い作業だなと感じました。
そもそもコカリや週案が何を意味するのかもわからない保育の勉強もしていない素人が園児個人の計画を立てるのは保育園では普通ですか?

Re: 保育の質というか、質問です。

> そもそもコカリや週案が何を意味するのかもわからない保育の勉強もしていない素人が園児個人の計画を立てるのは保育園では普通ですか?

コカリというのはおそらく、個人カリキュラムのことでしょうね。
結論から言って、ありえないですね。
看護師さんにアドバイスを求めることはあっても、カリキュラムを立てるのは保育士の仕事です。

保育者自身が、保育の意図を持ってカリキュラムを立てないのであれば、保育の方向性も、個々の子供への援助も何も考えていないということになってしまいます。
これでは、保育ではなくて子守り労働になってしまい、最終的には疲弊と保育士のモチベーションの低下を招いてしまいます。
保育の本質的なところを施設全体で研修する必要があると思います。

返信ありがとうごさいます。

返信ありがとうごさいます。
そうですよね。やっていて、これでは普通の家庭での子育てレベルになるんだろうな…と思いました。
しかしもう決定事項として動き出しているようで、仕事を押し付けようと必死に個人カリキュラムの作り方を教えてきます。圧がすごすぎて逆らえません。

園児さんに対しても『泣くな』『それだめ、これやめろ』『○○しないならお母さんにいいつける、おやつあげない』とか平気で何回も言うので、ほんとうんざりです。
すみません、愚痴になってしまって。
子供たちにはしかるべき援助を提供される権利があると思いますので一度、カリキュラムの件は提起してみたいと思います。
ありがとうございました。

Re: 返信ありがとうごさいます。

> 園児さんに対しても『泣くな』『それだめ、これやめろ』『○○しないならお母さんにいいつける、おやつあげない』とか平気で何回も言うので、ほんとうんざりです。

これを横で聞かされたらうんざりですよね。
残念ながらそういった言動が保育者からでるのは、保育として成立していない状態です。
こういった施設では良心的な保育者は勤めても早々に辞めていき、不適切な保育ばかりが蔓延しかねないというケースをたくさん知っています。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1331-6a4d0a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

note有料記事 『ムリのない排泄の自立のために ーオムツはずしの落とし穴ー』 «  | BLOG TOP |  » 不適切保育について -保育上のスキル不足という問題-

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (119)
日本の子育て文化 (204)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (46)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (88)
その他 (65)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (117)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (46)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析