FC2ブログ

2020-06

中島敦と読書感想文 - 2020.01.23 Thu

先日、旅先で時間があったので一日かけて中島敦(ちくま日本文学全集)を読んだ。
たしか高校生の時に買った本だと思う。何度も読み返してきたので綴じがほころびそうになっている。

何十回と読んだはずなのに、今回ようやく「読めた」という気がする。

これはよく言われるところだが、まず文章がすごい。
「文体がきれい」といったような意味ではない。
切れのある文章とでもいうのだろうか。しかし、ニヒルだったり捨て鉢な形で切れがあるのではない。
そうではないのだが切れがある。
おそらくこれは漢文の素養抜群のゆえなのだろうと思われる。
現代人の書くところの文章とも違う。それは中国古典を題材としたものだからではなく、中島敦が同時代を描いた作品であっても、現代人の書く文章とはちがう趣を持っている。

特に小説の書き出しの切れは、どの作品においてもすごい。
僕が中島敦に思い入れがあるせいかもしれないが、何度も読んでいてすら「すごい、すごい。天才だ。天才だ」と心の中で思わずにはいられない。

例えば『狐憑』の書き出し。

 「ネウリ部落のシャクに憑きものがしたという評判である。

歴史背景も、地理情報もまったく知らされていないのに、いきなり「ネウリ部落のシャク」とあたかも周知のものごとについて語られているがごとく切り出される。

これによって読み手は、不思議とその世界に突き落とされたかのようになる。
ある意味、こういった手法は童話的であり、それゆえに文学としての位置づけを低く見る人もいるようだが、僕はまったくそうは思わない。

文章の切れは、単にムダをそぎ落としたシンプルな文体という意味だけでなく、読み手である僕もスパスパ、サクサクと切り刻まれて物語の世界に編み込まれ再構成されるそんな感じがするのだ。


それはかの有名な『山月記』の書き出しでも同様に言える。
  
 「隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自らを恃むところすこぶる厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。

漢文の素読で鍛えられたであろう語調の研ぎ澄まされ方は、まさに声に出して読みたい日本語になっている。なおかつ、そのソリッドな文章が、目の前にその人間が、しかもその内面までももともなって、まさにいるかのような印象をもたらす。

たった一文でそのような感慨を持たせるその文章。「ああ、すごい、すごい」と何度読んでもため息とともに出てしまう。

だが、『山月記』では、最初の一段落目だけで、その後にはこの緊張感を読者に強いない。
二段落目からは、むしろ寓話的にふっと軽くなる。漢の官職名や中国の難しい地名が並ぶので一見そう見えないかもしれないが、そこを経ることで文体とその濃度を気づかないうちに自然に変えてくる。

この点、『山月記』とならぶ代表作となっている『李陵』の方では、ずっと最後までその文章のソリッドさ、読者への緊張感をぶつけてくる。

だから、一見似た作品のように見えて、実はまったく別の性格を持っている。
『山月記』は読後、もの悲しさをじんわりと感じさせ続ける後味を持っているが、『李陵』は虚脱するような悲しさ、うちひしがれさに激しく突き落とされる。

十代後半に感じた感情をいまも同じように持てるのは不思議なことだが、得がたいことと思う。これが中島敦を僕が繰り返し読みたくなる理由かもしれない。

他にも、中島敦の年齢と僕の今の年齢のこと。
ストーリーテラーを主人公とする作品の多さ、そこに堂々と、時に気恥ずかしげに自分を重ねる中島敦の自我、葛藤。山ほど述べたいことはあるのだが、これくらいにしておこう。

↑これは現行の「ちくま日本文学」シリーズのもの、僕の持っているものと表紙は同じだが収録作品がひとつ減っている。それでも他社の文庫よりも収録数は多い。注も多く見やすい位置にあるのでわかりやすい。

◆読書感想文について
また、僕は今回中島敦の作品集を読みながら、読書感想文の宿題について思わずにいられなかった。
小中学生にだされる読書感想文という宿題は、無理難題だよなぁと。

ある種の作品に対して、それから受けた感慨を言葉にするというのは容易ではないこと。

ネガティブな感想ならば簡単に出せる。

「ああつまらなかった。作者の自己憐憫が少しも文学として昇華しておらず、押しつけがましいだけで読むのが苦痛だった。こんな本を課題図書に選定する選者の気が知れない」

たとえば、こんなような。
しかし、そういうものが望まれているわけではないだろう。
本来は感想だからそれでもよいはずなのだが・・・・・・。

ポジティブな感想を前提としているところに、この種の学校の宿題のダメさがすでにある。


これが本でなくて、絵画や彫刻などの芸術作品だったとしたらどうだろう。
そこから受ける感慨を簡単に言葉にして出すことを人は要求するだろうか?

そうそうそれは求められないことだろう。
なにか感銘を受ける芸術作品を見たとき、それにより感情が揺り動かされる。
それを言語により明確に表せるのであれば、芸術家はそもそも作品を作るのではなく文章を書いているだろう。

言語化できないからこそ、別種の表現方法をとっているのだ。

本というのは、言語で書かれているので錯覚しがちだが、感慨を与えるような「作品」となっているものと、なにかの説明書や論述されているものはまったく違う性格であり、本来読書感想文の題材として出される作品たちが与えるものは、簡単に言語化できない類いのものだ。


また、もしなんらかの感慨を出すにしても、それを言語化するには、そこで得た感慨を自分の意識の中である程度明確化する必要がある。
そのためには、読書経験に限らずさまざまな経験の上で対照し形として導き出すことができなければならない。
小中学生にそれを求めるのは、その成長段階ゆえに困難ではないかと思える。
(感慨を抱くことが困難といっているのではなく、抱いた感慨を表現するのが困難という意味。なかにはそれが可能な子もいるだろうが)

だから、「おもしろかった」「すごかった」「たのしかった」「つまらなかった」とこうした表現になるのは当然だ。

そもそも、読書感想文のねらいとはなんなのだろう。

僕は、学校が出しているねらいの本当のところは、アリバイ証明なのではないかと思う。
本当に読んだことを証明させるため、それを書くことを要求しているのであって、それ自体にねらいがないのではなかろうか?

考えられることとしては、

1,文章を書くスキル
2,自分の感情を表現するスキル


これらも考えられなくはないのだが、それであればなにも読書感想文でなくともよい。
また、しばしば大人の望むような感想を求められてしまう傾向から、2,であるとは言いがたいだろうとも思える。


僕の提案なのだが、もし、「本を読むこと」と「文章を書くスキル」このふたつがねらいであるのならば、こういう出題の仕方にしたらいいだろうと思う。

「どんな本でもいいので、それを読んであなたの気持ちが動いたところ(うれしい、たのしい、かなしい、ひどい、などなどなんでもいい)の段落をまるまる書き写してみましょう」

僕はこれで十分だと思う。
むしろ、体裁ばった感想を求められて本を嫌いになるくらいならば、ずっといい。
そして、文章をうまくなるために、模写はとても有効。

「登場人物の誰々さんは、このときどう思ったでしょう?」といった国語教育をするよりも、子供にプラスになると思う。
(論述文ならば、「ここでいうソレとはなにを指しているでしょうか?」といった設問には意味があるのよ。でも誰がどう思ったかの内面の読み取りに正解不正解をつけること自体あまり意味がない)


ついでに言うと、本を読みたくない子供に無理やり読ませるのはとてもよくないこと。ましてやそれの証明に感想文を書かせるのはなお悪いこと。

もし、子供に本を読ませたいのならば、宿題として安易に「課す」のではなく、「どうすれば本を好きになるだろうか?」「本を楽しめるだろうか?」の視点で考える必要がある。


「楽しいは正しいに勝る」
これは僕が保育士研修をするときに使う言葉。子供に関わる大人は、目先の正しさに惑わされて、いつのまにか楽しいを見落としてしまう。
「楽しい」は子供に関わるにおいてなによりも大切なこと。


関連記事

● COMMENT ●

読書感想文!

読書感想文を宿題として出す意図はとても納得のいく分析で本を読んだかどうかの宿題についてもいいご提案だと思いました。シェアさせてください。

言葉にならないということ

読書感想文。自分が苦手だった理由を言語化してもらったような。
全くその通りですね。文学作品という芸術に触れて言葉にならない体験をしているのに、言葉にすることを強いるなんて。

小6の息子は聞くこと読むことが得意な反面、話すこと書くことは苦手。感想文も苦手でした。通っているフリースクールで中島敦の小説と出会い「狐憑と文字禍っていうのを読んでね、面白かった」「どんな風に面白かったの?」「何か面白くてすごいんだよ〜」という会話をしたのを思い出しました。親としてもっと言葉にしてくれないかな〜と、自分ができなかったことを棚に上げて思っていましたが、言葉にならない体験をしているのだな、それこそ子どもにたくさんしてほしい体験だなと改めて思いました。

息子は、これから人生経験の深まりと共に、何度も同じ作品と出会い直しながら、きっといつか自分自身の体験を表現する方法や言葉を見つけていくのでしょうね。
彼の、言葉にならない体験の連続であろう今の日々を、改めて愛おしく感じました。

感想文の思い出

高校時代を思い出しました。私はミステリばかり読んでいのですが、感想文の題材に、好きな漫画の中に出てきた武者小路実篤の『友情』なんてものを読んでしまいました。そしてそれがどんなにつまらないかを書き綴ったところ、表彰されてしまいました。こんなもので良いのかと驚いたのですが、批判も感想の内だよなと気づいたのを覚えています。文章が肌に合う?作品に出会うと本当に幸せで、一文字ずつ噛みしめて読みます。逆の時は斜め読みになります。この世で一番広いのは本の中の世界だと、何処で読みました。一人でも多くの子どもたちに、その世界を知って欲しいと思います。

読書感想文大っ嫌いでした!

私も読書感想文、だいっきらいでした!今でも書けないです。物語を読むのは大好きだったのですが。
面白い本を読んだら、しばらくは読後感に浸り、余韻を味わいたい。その余韻をうまく文章になんてできないし、ほっといてくれと(^_^;)
書くのが苦手だった私は、文章にすると何ともつまらない感想文になるんですよね。。(お喋りはいくらでも進むのですが)
でも、保育士おとーちゃんさんの中島敦の読書感想文(?)は素敵でした!どんな風に好きなのか、気持ちがすごく伝わってきました。

おとーちゃんさんのブログを読んでいて、本の感想というのは気持ちが動かされたという言葉にならないもので、それを言語化するのがとても難しいのは皆同じだと思ってましたが、読書感想文得意な人(何人か知っています)は言語優位なのかもしれない、と思いました!言語優位の人は、記憶も思考も言葉で行なっているらしいので。
それとも単に、何を書けば大人に受けるのか分かるのかな?(本人がそう言っていた)

人は記憶や思考方法によって視覚優位、聴覚優位、言語優位に分けられるらしく、その本によると私は視覚優位(+言語も)でした。たしかに、記憶も映像が多いし、本を読んだ時も映像で捉えて、アウトプットの時に言語化する感じです。だから読書感想文書けないんだなぁ、と納得しました。

長々とすみませんでした💦このコメントにもまとめるのが苦手なのが表れている。。


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1358-efe10e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「いたずら」にはこどもの創意工夫がつまってる! 親はどこまで許すべき? «  | BLOG TOP |  » 3月7日(土) 子育て座談会のおしらせ

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (120)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (47)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (85)
子供の人権と保育の質 (88)
その他 (68)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (136)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (48)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (4)
保育について (10)
性教育について (5)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析