FC2ブログ

2020-08

いい慣らし保育と悪い慣らし保育 - 2020.04.01 Wed

新年度が始まりました。
保育施設ではもしかすると慣らし保育の真っ最中かもしれません。
そこで少し慣らし保育について書いておこうと思います。




慣らし保育なるものがありますが、実のところ僕はこれをあまり必要性が高いとは思っていません。

昔は、親子で保育室で過ごし場所に慣れるということをしているところが多かったようです。いまでも多いことでしょう。
最近は少し控えめにして、子供だけで過ごして早めにお迎えに来るものや、もしご飯を食べられなかったり、ずっと泣き通しだったりしたら迎えにきてもらうもの。
もしくは、まったく慣らしなどないというところもあることでしょう。
保護者の就労も厳しくなっている現状では、慣らし保育など行きようもない人もいることでしょう。

さて、今回このテーマにしたのは、慣らし保育の考え方として良くないもの「悪い慣らし保育」を明らかにすることで、そこにおちいらないようにしてほしいとの重いからです。

では悪い慣らし保育とはなんでしょうか?
それは、子供が保育環境に慣れないことを、子供のせい、保護者のせいというスタンスで考えてしまうものです。
保育が不適切なところは、簡単にこうした思考回路にはまってしまいます。

保育の成り立ちから考えて、まずもって子供が「慣れる」つまり「安心して過ごせる」責任を負っているのは、保育施設とそこで働く保育者に他なりません。
これが保育の大前提。

それがたとえ新入園児の保育1日目だとしても、基本的には保育者がそれを担保すべきものです。

子供がその環境に慣れないのであれば、保育者が保育を客観視してさらに安心して過ごせるように努力すべきものです。
しかし、慣らし保育という習慣は、簡単にその責任を子供と保護者に転嫁させてしまいかねません。

子供に十分に安心を与えるだけの保育の前提が整っているだろうか?そこを考えるようになると保育の質はより高まっていきます。しかし、子供のせい、保護者のせいというスタンスを当たり前のものとしてしまうと、保育の質はどんどん下がって行ってしまうことでしょう。

もしあなたが保育のプロフェッショナルならば、「子供が可哀想」という言葉だけはつかってはいけません。
これは、保護者を心理的に責めると同時に、自分たちには保育の専門性はないと断言する言葉に他なりません。

慣らし保育はじめ子供を預けることに対して保育者が不用意に、この「子供が可哀想」という言葉を保護者に対して言うのを何度も耳にしてきました。
もうそれは保育者の感覚として非常に古いといわざるをえないでしょう。

保育の整備と、保育者のスキルアップを適切にしていけば、慣らし保育はなくても問題ないか、必要最小限になります。

安心・安全と信頼関係。ここを十分につきつめればそのことがわかるはずです。


ある園では、新入園児に対して一生懸命音の出るおもちゃで釣って泣き止ませようとしていました。
もし、この保育を当たり前にしていれば慣らし保育にこだわって、早くお迎えにきてもらう期間を設けないことには成り立たないことでしょう。
この状態はそもそも保育として始まっていないのですから、もっと学びが必要ですね。

関連記事

● COMMENT ●


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1365-0e44c53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【保育】「お気持ち」は保育の低下をまねく «  | BLOG TOP |  » 道徳に関して質問をもらったのでもう少し書いてみよう。

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (120)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (10)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (47)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (86)
子供の人権と保育の質 (90)
その他 (68)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (140)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (48)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (4)
保育について (16)
性教育について (6)
子育てオンラインサロン (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析