FC2ブログ

2020-07

【保育】7月のオンライン研修テーマ「子供の人権と保育」 - 2020.06.29 Mon

人権の理解を深めないまま保育をすることは、設計図なしで家を建てることにひとしいです。

その保育をする人が、どれほど一生懸命でも、どれほど丁寧でも、人権として明らかにあるものの理解せずに保育をすると、保育の迷走を生みます。



人権の理解は保育の最も基礎にあることなのに、ここに取り組んでいる保育施設は必ずしも多くないようです。
これはその施設毎の姿勢に任されているのが実情で、人権を学ぼうとするところは取り組んでいるけれども、その方向性を持てていない施設では人権の学びは皆無です。こうした状況にあるのがこれまでの保育界の現実です。

学ぼうと取り組んでいる所であっても、その学びや理解は簡単にはいきません。
人権を理念などの抽象的なものとして学んだだけでは、なかなか日々の保育にそのまま生かせないことも少なくありません。
人権の理念を研修で学び、わかったつもりになっても、日々していることの中に人権を損なう関わりがあることに気づけないといったことが起こります。



人権を尊重した保育とは、単に子供に丁寧な関わりをすることではありません。
丁寧な関わりをしても人権を損なうことはあり得ます。

最近では子供のことを、対外的(保護者向け)に「お子様」と呼び習わす施設が増えています。
「私たちは子供のことを尊重しています」という姿勢をそれによって表現したいのでしょうけれども、実際の保育ではどうなっているかはまったく別個です。

外見じゃなくて中身で勝負しなければプロじゃないですよね。



◆「人権は大事だ! でも人権がなんなのかよくしらない」

このスタンスの保育者は少なくないのではと思います。
悪意はないのだけど、学ぶ機会やそもそもの適切な学びがないことに原因があるでしょう。

こうした状態だと、一生懸命保育しているつもりでも、日々当たり前にやっていることが、人権を損なう関わりであることに指摘されるまで気づけないことになります。


相手が小さい子だからといって、むやみやたらと抱えたり、腕を引っ張ったり、過干渉に指示をしたり、嫌がっていることを無理やりさせたり、過剰な過保護になったり・・・・・・。
人権への理解が足りないままだと、本来すべきでないことまで、その保育士からは「正しい」と認識されたまま、日々繰り返されてしまいます。

子供の人権を損なうような関わりをすれば、子供からの信頼関係は低下し続け、その結果逆にその保育者からは支配の関わりや子供の人権を損なう関わりがより正当化されてしまいます。
ここに保育の悪循環、保育の迷走が起こります。


例えば、過保護、過干渉になってしまう関わりにも、根っこには人権の無理解があります。

子供にはそれがたとえどんなに小さい子、0歳であったとしても、意見を表明する権利、自己決定する権利があります。

ここを保育者が実践的に踏まえていれば、過剰な子供の内面や行動への介入はおのずとセーブされます。
しかし、ここを人権として理解しておらず、「手をかけることがよい保育」といったレベルの保育理解であれば、過保護・過干渉が正当化されていってしまいます。


◆7月のオンライン研修テーマ「子供の人権と保育」

人権は全てにつながっています。食事の介助、おむつがえ、着脱といった日々の生活面。行事や集団への参加といった社会面、遊び面。
保育において、人権の理解抜きにできることなどひとつとしてないといっても過言ではないでしょう。

僕は理屈っぽい人間なので、理念の話は大好きです。しかし、研修ではあえて実践に重きを置いてこれをお伝えしていきます。
(言葉のかけ方や呼びかけ方、生活面への導入の段階でどうすればいいか。またそうした人権を理解尊重した関わりがなにを生みだし、子供達はどういった姿を見せていくのか、などなど)

というわけで、まだ詳細は未定ですが7月のオンライン保育講座は子供の人権に関するものを予定しています。

関連記事

● COMMENT ●


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1395-ad463f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【保育】保育研修での質問 «  | BLOG TOP |  » 【保育】信頼関係の裏側

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (120)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (47)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (86)
子供の人権と保育の質 (90)
その他 (68)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (138)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (48)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (4)
保育について (15)
性教育について (6)
子育てオンラインサロン (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析