FC2ブログ

2020-10

◆「小さい人」という呼び方について - 2020.07.07 Tue

最近、コドモを「小さい人」と呼ぶ人が少しずつ増えているようです。(保育、学童、教育関係者など)おそらく、コドモが低く扱われる現状に対して大人と対等の存在として認識しましょうという意図からなのだろうと思われます。
そうした意図もわかりますし、その呼び方が悪いとも思わないのですが、踏まえるべき視点を外してしまうと、この呼び方には大きな問題が発生してしまうので、その指摘をここでしておこうと思います。


「コドモ」概念の発見は、非常にエポックメイキングなことでした。
近代を形作るひとつの重要な発見と言えるでしょう。

近代以前の状況では、コドモという概念がそもそもなく、まさに「小さな人」でした。大人とコドモの境目がないので、現代では当然とされているコドモとして守られているものが保障されていませんでした。
いまでいう児童労働は当然のこと。コドモという概念がないので、教育をうけることや、生命や生活を守られる、遊びを許される、そうしたことも認識されていません。


子供→子ども→小さな人

という変遷もコドモ尊重の意図の上にわかるのですが、コドモ概念という近代の昇華のひとつを埋もれさせるのは、僕は場合によっては危険ではないかという心配もします。

「小さな人」という言葉が流通されうるのは、コドモとして保障される権利が全うされた状況だけでのことです。

今現在でも世界の国々では、児童労働が一般的に行われています。児童の兵士すらあります。まだ、「コドモ」概念の敷衍が終わっていない状況です。

日本で一般的に暮らしている分には、「コドモ」概念は十分に全うされていると感じるかも知れません。
しかし、現在の日本ですらまだ児童(コドモ)として権利を守られる状況は、少しも十分とは言えないのが実際の所です。

児童労働、児童ポルノ。
教育を受ける権利もまったく不十分です(不登校の子ども達が十分な教育支援を受けていないことひとつみてもわかりますね)。
児童虐待、ネグレクト。
「コドモを甘やかすな」といった一般的な観念も、コドモの概念が十分にまだ認識されていないことを表しています。

性被害にあった子が、逆に大人から責められるような事態すら起こっています。
妊娠した生徒が教育の場から排除されるようなことも、公におこなわれています。

また、今後の世界的な経済低迷は日本においても深刻な影響をもたらすでしょう。それは前近代の「コドモが守られない状況」を再度コドモにもたらす可能性すらあります。
そうなったとき、いまよりさらにコドモ概念を維持することが重要になってきます。

コドモを「小さな人」と呼ぶことに僕は反対しません。しかし、単に「大人と対等の存在と認識しましょう」という視点だけで、人類が多くの犠牲を払って獲得した「コドモ」概念・呼称をそこから外してしまうことには、十分な注意を払わなければならないと指摘します。
そこを踏まえて、今後のコドモに関わる文化を発展させていただきたいと思います。

子供の人権についてのオンライン保育講座開催します。
7月25日(土) 保育士おとーちゃんオンライン保育研修#3 子供の人権と保育
関連記事

● COMMENT ●


トラックバック

http://hoikushipapa.jp/tb.php/1397-255c7ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【保育】保育者の個 «  | BLOG TOP |  » 【保育】保育研修での質問

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (120)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (10)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (47)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (86)
子供の人権と保育の質 (90)
その他 (68)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (142)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (48)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (4)
保育について (16)
性教育について (6)
子育てオンラインサロン (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析