FC2ブログ

2020-07

【保育】保育日誌についてあれこれ - 2020.05.30 Sat

昨日、保育日誌について、現役の保育士さん達からいろいろお話しを聴いてみました。そこで僕自身もいろいろ見えてきたものがあるので、まとまっていませんが、思いついたことを書き留めておきます。


オンライン保育研修のお知らせ 6月20,27日 - 2020.05.28 Thu

コロナウィルスの影響で前回の保育研修は中止せざるを得なくなりました。
またそれ以前の研修についても参加自粛する方も多数おりました。
緊急事態宣言が解除されたとはいえ、今後も予断が許せない状況はまだ続くことでしょう。
そこで、以前から要望もあったことであり、保育研修のオンライン化をしていくことにいたしました。
まずは、僕が保育の基礎に位置づけているものから順に研修を開催していきます。その後も定期的(構想としては月に1度くらい)に、さまざまなテーマで保育講座を開いていきます。どうぞよろしくお願いします。

6月20日(土) 13時30分(開場15分前)~15時45分(予定)
 テーマ:受容と信頼関係の保育 ~子供を支配しない保育~(仮)

6月27日(土) 13時30分(開場15分前)~15時45分(予定)
 テーマ:自主性・主体性の保育 ~「つくる」から「伸ばすへ」~(仮)


詳細、申込みは今しばらくお待ち下さい。
取り急ぎ、日程の告知だけいたします。

終了時間を予定としているのは、内容をオンライン用にブラッシュアップしていきたいためです。オンラインですとどうしても単調になりがちなので、あまり長くはできないと感じています。そのあたりをこれから詰めていきます。
内容が変わるとタイトルも変わる可能性があるので、こちらも仮にしておきます。
どうぞご期待下さい。

性教育と子育ての問題 vol.5 性教育とはNOと言えること - 2020.05.23 Sat

さて、ここからが性教育の本題。

・性教育とはNOと言えること

これが本当に大切な要(かなめ)となる。


性教育と子育ての問題 vol.4  コメントから - 2020.05.21 Thu

次にこちらのコメントにも答えていきましょう。

おとーちゃんさんの言う
「なにがよくなにが問題かといった視点すら持たせてもらえていない。(大人世代の性教育の不備の問題)」
これが私にも当てはまってしまっている様です。
なので確認させてください。
男性が女性を性的な目で見ることが悪いというのではなく、
男性が主で女性が従であるとするような社会の在り方や、女性が性を提供するものであるとする様なメディアの姿勢が問題であるという理解で合っていますか?



性教育と子育ての問題 vol.3  薄めた毒 - 2020.05.20 Wed

いただいたコメントには『クレヨンしんちゃん』を問題視するものがいくつもあった。

「お姉さん、どんなパンツはいているの?」

このセリフを成人男性に言わせたら、どストライクのセクシャルハラスメントになる。
それを子供のキャラクターに言わせることで、それを薄めジョークにしている。


今後のオンライン展開について - 2020.05.14 Thu

昨日のオンライン座談会が終わりました。
約70名ほどの方にご参加いただきました。

オンラインでの開催の利点がいろいろと見えてきました。
ZOOMを使うと海外からの参加でも、まったく遅延のない会話ができますね。
開催のしやすさ、参加のしやすさ。これは本当に大きいと思います。

(ZOOMは参加するだけでしたらアカウントを取る必要はありません。クライアント、アプリをインストールするだけで参加できます。
また、インストールのいらないブラウザ版もあるようです)

明日開催。オンライン子育て座談会 5月13日(水) - 2020.05.12 Tue

明日、ZOOMを使ってオンライン座談会を開催します。
申込み等ありませんのでどなたでもどうぞ。

↓以下詳細。

性教育と子育ての問題 vol.2 ジェンダーギャップ121位の国の現実 - 2020.05.08 Fri

世界経済フォーラムが毎年発表している「ジェンダー・ギャップ指数」(The Global Gender Gap Index)がある。
近年日本の順位は年々劣化しているが、2020年に発表された2019年の指数では、日本は過去最低の121位を記録した。

日本における指数の推移はこちらに詳しい(2019年「ジェンダー・ギャップ指数」日本が110位から121位へ JOICFP)
https://www.joicfp.or.jp/jpn/2019/12/19/44893/


性教育の話でなぜこのジェンダーギャップを出したかというと、私たちの生きているこの日本社会は男女格差だらけが当たり前になっていることが、まずスタート地点として認識される必要があるから。

(終了)オンラインミニ講演 『子育てで避けるべき2つのウソ』 - 2020.05.06 Wed

オンラインミニ講演会ご参加ありがとうございます。
急な開催でしたが約80名ほどの方にご参加いただけました。
初めての試みでしたが、とりあえずできるという感触はつかめました。
今後も展開していければと思います。

開催中にテキストチャットで、こうした形で園内研修もできないかとお問い合わせがありました。
ご依頼下されば対応できると思いますので、ご相談ください。こちら→(ホームページ)

ここに挙げていたレジュメはコンテンツ保護のために削除しております。(コメントいただいた方拝読しております)
感想など、コメントに書いていただければ幸いです。

オンラインミニ講演『子育てで避けるべき2つのウソ』 - 2020.05.04 Mon

先日はZOOMを使っての子育て座談会を行いました。
今回は同じくZOOM上で子育て講演を試みようと思います。

日時 5月6日(水) 14時開始(13時45分開場)~ 15時30分終了

会場 ZOOMにて
 (ZOOMのアプリケーションが必要です  https://us04web.zoom.us/

人数 先着100名(テスト開催のため、申込み・参加費等はありません)

テーマ 『子育てで避けるべき2つのウソ』
詳細以下↓

オンライン座談会ご参加ありがとうございました - 2020.05.01 Fri

昨日は、急な告知にも関わらず25名ほどの方に参加していただきました。
ご協力いただきましたみなさんありがとうございました。

僕が座談会をするときに大事にしているのは「寄り添う」ことです。
それは、気持ち的な部分もあり、実際に近い距離で座ったり握手をしたりといったフィジカルな部分もあり。
こうしたところは相手にもよりけりでこれが正解というのはなく正直難しいのだけど、これまで試行錯誤しつつやってきました。
目には見えないことなのだけどこれには大きな意味があると思っています。
ただ、実際問題として子育て中の人がどこかに出張って座談会に参加するのもハードルの高いことであり、ジレンマは感じておりました。

以前から要望もありましたし、今回コロナウィルスの影響もあってオンラインでの試みをしてみました。
まだ回を重ねてみないことにはどれだけのポテンシャルがあるのかわかりませんが、今後こうしたオンラインでの開催も視野に入れていきたいと思います。
開催時刻や時間、参加人数はどのくらいが適当かなどなど、模索することがいろいろありそうです。

また日を見てテスト開催をいたしますので、今回参加できなかった方もよろしければ次の機会にいらして下さい。

(追記)
こうしたオンライン会議のソフトにはZOOM以外にもあるそうですが、何が良いのかご存じの方がいらしたらぜひ教えて下さい。

突然ですがオンライン座談会開催 - 2020.04.30 Thu

本当に突然ですがオンライン座談会(テスト)を開催してみようと思います。

ZOOMの使い方を覚えました。
本当に今日覚えましたというレベルなので、うまくできるかはわかりません。
ものは試しにやってみようと思います。
そういうわけでテスト開催です。
不手際があっても構わないよ(もしかしたら開催できないレベルかも)という方がいらっしゃいましたら、どうぞご参加下さい。


性教育と子育ての問題 vol.1 - 2020.04.27 Mon

性教育と聞くと、それは思春期とか子供が大きくなってからのことと考える人も少なくないと思う。
でも実際は、そうした年齢になっておもむろにやったからといって適切に身につくものではない。
そもそも、性教育は性の問題についての学びと考えられがちだが、実はそればかりではなく自分や他者との関係などの根っこにつながっている。
例えば、近年増えていると言われる未成年の自殺未遂やリストカットといった問題もここにつながってくる。
僕はこうした分野の専門家ではないが、思うところを書いてみたい。なにかのきっかけにでもなってくれればうれしい。


◆性教育は0歳から始まっている
性の問題の根っこにあること。それは自分を大切にすること。
自分を大切にできない人が他者を大切にするのは難しい。

【保育】「お気持ち」は保育の低下をまねく - 2020.04.07 Tue

前回の慣らし保育についての記事で「子供が可哀想」と保護者に言うのはやめようと述べた。
ここにおける「可哀想」というのが「お気持ち」のひとつ。

僕自身も保育者として「子供が可哀想」という気持ちは理解できる。
かつて僕自身もそうした思考にとらわれてもいた。
しかし、こうした「お気持ち」を軸に保育や子育てを考えることは、保護者に対してだけでなく、保育者にとってもプラスにならない。


一旦「お気持ちの問題」を軸にして保育を考えるようになると、それは一時にとどまらず施設全体の体質に育っていく。
そのお気持ちが純粋に「いいもの」であってすら、長期的に見れば保育の劣化は免れない。
現実には、お気持ちの問題を軸にしていくと、やがてはそこに「よくないもの」が混じり出す。
しかし、その段階ではすでに「いいもの」と「よくないもの」を区別することはできなくなる。
こうして、保育施設は施設全体の体質、職員の保護者への姿勢、子供への姿勢が劣悪なものに染まってしまう。
だから、最初は善意だったとしても「お気持ち」で専門性ある仕事を考えるのは危険なことだと言える。

いい慣らし保育と悪い慣らし保育 - 2020.04.01 Wed

新年度が始まりました。
保育施設ではもしかすると慣らし保育の真っ最中かもしれません。
そこで少し慣らし保育について書いておこうと思います。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (2)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (81)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園・学校について (120)
日本の子育て文化 (207)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (10)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (47)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (96)
心の育て方 (107)
相談 (86)
子供の人権と保育の質 (90)
その他 (68)
未分類 (23)
講座・ワークショップ (138)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (48)
子育てに苦しむ人へ (27)
保育研修 (3)
note有料記事 (4)
保育について (15)
性教育について (6)
子育てオンラインサロン (1)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析